特典航空券で乗るエアカナダの北米線ビジネスクラス!

メイプルリーフラウンジ(モントリオール北米線)

夏休みにカナダ旅行に行ってきました。帰りはシカゴ経由です。シカゴ行きの便に乗るため、モントリオール国際空港の北米線ラウンジを利用してきました。利用したのはエアカナダのメイプルリーフラウンジです。

今回はモントリオールからエアカナダのビジネスクラスを利用するため、こちらのラウンジを利用できます。ANAのSFCメンバーやその他スタアラゴールドメンバーも利用できます。

メイプルリーフラウンジによくある飛行機の模型です。

コンパクトなラウンジです。

食事の種類は少ないです。

トーストとゆで卵をいただきました。

メイプルリーフラウンジ(モントリオール国際空港北米線)詳細

【場所】私たちが利用したのは72番ゲートの近くでした。52番ゲート付近にもあるようです。

 

【営業時間】04:30~19:30
【シャワー】なし

メリプルリーフラウンジ感想

メイプルリーフラウンジの国内線バンクーバーと国内線トロントの食事は質素だったので、北米線トロントのラウンジには期待していました。ですが、北米線と言えどメイプルリーフラウンジの食事は質素な内容でした。

メイプルリーフラウンジではカナダ国内を国内線、アメリカ行きを北米線、それ以外の外国行きを国際線と分けているようで、モントリオールの国際線ラウンジの方は豪華らしいです。国際線ラウンジを利用した方がうらやましいです。今のところ、自分が利用したメイプルリーフラウンジは質素なものしかなく、ユナイテッドクラブ同様あまりいいイメージがありません。

エアカナダのビジネスクラス(モントリオール→シカゴ)

モントリオールからはシカゴ、成田経由で名古屋に戻ります。モントリオールーシカゴ間はビジネスクラスを利用しました。

搭乗口の様子です。Zone1~5で別れており、ビジネスクラスはZone1でした。スタアラゴールド特典利用時はZone2なので、始めてのZone1体験です。と言っても微々たる差です^^

一番最初にゲートを通過です。

シートピッチが広いです。座席幅もエコノミーよりは若干ですが、広いです。

コンセントもついています。

ブランケットもついてきます。エアカナダの国内線エコノミーはブランケットが有料です。

短距離ビジネスですが、コーラがグラスに注がれて提供されました。

食事も陶器に盛って出してくれます。おいしかったです。

エアカナダビジネスクラスの感想

エアカナダの北米線ビジネスクラスは座席幅もシートピッチも広く、快適でした。ANAでいうところの国内線プレミアムクラスみたいな感じです。

今回のカナダ旅行はANAの特典航空券を利用しました。帰国便をファーストクラスで発券したため、設定があれば帰国便の全工程をファーストクラスに乗ることが出来ます。モントリオールーシカゴ間はエアカナダのビジネスクラスがあり、今回体験できて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください