マイルが貯まるスマートフォン、ANA Phoneについて

ANA公式ホームページのANA Phoneについて

ANAからスマートフォンが販売されるそうです。その名はANA Phone。
11月2日10:00WEB予約開始。12月上旬オンライン販売開始。
2年間で最大34400マイル貯まるとのキャッチコピーです。

契約はソフトバンク本体ではなくソフトバンクのMVNO事業者、SBパートナーズとの契約になります。ドコモ、AUに続いてソフトバンクからもMVNO事業社が誕生したようです。

契約内容です。>
34400マイル得るためには、スマ放題2700円、WEB 300円、定額30Gバイト8000円に契約する必要があります。
毎月の料金は2700円+300円+8000円=11000円となります。
2年契約です。2年ごとの自動更新です。

<獲得マイルについての考察>
34400マイルの内訳は月々マイルと搭乗ボーナスマイル(※1)の合計です。
(最初の2年間)
月々獲得できるマイル→最大600マイル×24=14400マイル
搭乗ボーナスマイル→4000×最大5回=20000マイル
14400+20000=34400となります。
2年間で支払う料金は11000×24=264000円です。
1マイル得るのに264000/34400=7.7円/マイルとなり非常に効率が悪いです。26万以上も払って34400マイルでは割りに合わないと思います。家族5人でデータをシェアできるのであれば検討することもできなくもないです。でもやはり高いですね。ドコモのMVNOの30Gであれば6400円ぐらいからあります。それに2年契約なので契約解除月以外は1万円ぐらい解除料が発生してしまいます。2年もたてばMVNOはさらに安くなっていると思われます。
(2年経過後)
月々獲得できるマイル→最大250マイル
搭乗ボーナスマイル→なし
2年経過後は本当にただ高いだけの携帯になってしまいます。
普通はこれに新規契約事務手数料3240円がかかるのですが、オンライン契約なのでかからないのかもしれません。本体の値段も書いてないので0円なのかもしれません。

「(※1)ANAマイレージクラブ番号をご登録いただいた上で、ANAマイル積算対象運賃の国内線または国際線にご搭乗いただいた場合に限ります。」とありますので、特典航空券などは対象外となります。文脈をそのまま読むと、事後加算はできないということになるのでしょうか?スターアライアンス便をANAに加算された場合はどうなるのだろう?など疑問が残ります。

<本体について>
XPERIA XZです。XPEIRIAの最新のフラグシップモデルです。
(本体の機能)
ソニーモバイル製です。以下仕様です。ANA Phone用に多少スペックを変えてくるかもしれません。
・Android 6.0.1
・MSM8996 2.2GHz/1.6GHz(クアッドコア)
・ROM:32GB
・RAM:3GB
・4G LTE(FDD-LTE):下り最大350Mbps/上り最大37.5Mbps(提供エリアによる)
・4G(AXGP):下り最大234Mbps/上り最大10Mbps(提供エリアによる)

これにANA Phone限定の機能がついています。ANAファンとしては欲しいです。本体だけ欲しいです(笑)。毎日、画面を見てはニマニマできそうです。ヤフオクで中古で買ってしまうかもしれません。そしておそらくソフトバンクのSIMロックがかかっています。その場合、半年間はロックが解除できないので海外にすぐに持って行くことができません。DUAL SIM版だとシムロック解除後は便利そうです。

<まとめ>
ANAマイルが貯まるというキャッチコピーの割には貯まらないのでどうしてもANA Phone本体が新品で欲しいという方以外は、手を出さないほうがいいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください