クロアチア航空のなんちゃってビジネスクラスに搭乗した話

クロアチア航空のビジネスクラス(ブリュッセル~ザグレブ~ドブロヴニク)

冬休みを利用して嫁ちゃんと2人でクロアチアに旅行に行ってきました。今回はブリュッセルからドブロヴニクまで乗ったクロアチア航空についての記事です。

ANA特典航空券

航空券はANA特典航空券を利用してビジネスクラスで発券しました。名古屋~成田~ブリュッセル~ザグレブ~ドブロヴニクと乗り継ぎます。

最初に発券した当時、ブリュッセル~ザグレブ間はエコノミークラスしかなかったので、チケットはビジネスですが、エコノミー席をおさえていました。

それが、出発2週間前になってビジネスクラスの特典航空券の空き2席を発見!ANAに電話し、エコノミーからビジネスに変えてもらいました!嬉しかったです。特典航空券は直前までチェックしておいた方がいいなと学びました。

乗り継ぎ

ザグレブでの乗り継ぎ時間が45分しかなく不安でした。その上、当日は飛行機の出発が15分遅れになってしまったのです。ちゃんと乗り継げるかかなり不安になりました。

しかも、ザグレブで入国検査が必要なのです。一旦入国後にドブロヴニクへ乗り換えます。入国検査が混んでいたら乗れないような気がして、気が気ではなかったです。

ブリュッセル→ザグレブ

実際に搭乗してきましたので、クロアチア航空ビジネスクラスのレポートをします。

まず、見て思ったのが、「小さっ!」です。それから「プロペラ機だ。」と思いました。機体に乗り込む階段が5段しかありません。今までに乗った飛行機の中で1番小さいと思います。

片側2列の合計4列の配列です。エコノミーもビジネスも同じです。せっかくのビジネスなのに(・ω・)。残念です。。。

ビジネスクラスということですが、カーテンで仕切っただけのなんちゃってビジネスです。エコノミーからビジネスに変更出来たときは本当に嬉しかったので、嬉しさを返してくれ(・ω・)

プレートにはクロアチア航空ビジネスクラスと書いてあります。

機内から見たブリュッセル空港の外のようすです。私たちが乗ってきたであろうANA機が待機しています(*゚▽゚)ノ

ブリュッセルの夜景

機内販売

何気なく見ていたのですが、ふと目についたコーラ2.5ドルは高い!

おしぼりを出発前にいただけました。

機内食「サラダとパンとお肉」

一応ビジネスクラスなので、器に乗って食事が出てきました。パンがおいしかった。お肉は口にあわず残してしまいました(>_<)

「ケーキとコーヒー」

ケーキも口に合わなかったので残念(^-^;)。

その他

乗り継ぎの心配以外にも、スーツケースがドブロブニクまでちゃんと届くかも心配でした。過去にスペイン国内線乗り継ぎでピックアップしそこなったことがあるので、一応CAさんに確認しました。「荷物はドブロヴニクまでダイレクトに行くので問題ない。」と。少し安心しました。

このとき19:30ぐらいで、日本は4:30でした。すごく眠かったです。ブリュッセルとザグレブの間には時差がなくて良かったです。

ザグレブ→ドブロヴニク

ザグレブ空港に到着

バスで空港へ

入国検査終了

入国審査が呆気ないほど、かなり簡単に済んでしまったので、搭乗に間に合いました。

時系列でまとめると
20:30 ザグレブ到着
20:43 入国審査完了
20:45 機内へ
21:07 機体のドアがクローズ

45分間のトランジットで発券できる理由が分かりました。ザグレブ空港は小さく、トランジットに時間がかかりません。

良かった良かった(^ー^)

先ほどのブリュッセル~ザグレブ便と同様、シートは同じ、エリアを分けただけのビジネスクラスです。

飛行機に乗り込んですぐ、おしぼりとウェルカムドリンクをいただきました。

ザグレブの夜景

機内食

先ほど同様、口にあいません(T^T)

食べ終わってすぐ、着陸体制に入りました。着陸時に、無事に着陸できたせいなのか分かりませんが、拍手がいっせいにわきました。不思議な異文化体験です。

感想

こういうビジネスクラスもあるのだといい体験が出来ました。プレミアムエコノミーのように、少しだけ席が良いというわけでもなく、本当にエコノミーと席が同じだったので驚きました。

自分はまだ飛行機の機種については詳しくないです。そのため、どのビジネスクラスだとシートが快適なのか?などの知識は今のところないのです。なので、今回のビジネスクラスには余計に驚きました。

もしかしたら、何年か後には飛行機のシートについて詳しくなっていて、この日を懐かしく思うようになる日が来るのかも知れないです(*゚▽゚)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください