ねぶた旅行一日目。弘前ねぷた祭りに行ってきました。ヤーヤドー!

弘前ねぷた祭り

青森三大ねぶた祭りを見てきました。今回の記事は弘前ねぷた祭りについてです。生まれて初めてねぶた祭りを見たので感動でした。レポートしたいと思います。

◆ねぶた旅行の日程
一日目:弘前ねぷた
二日目:五所川原立佞武多
三日目:青森ねぶた

ねぷた会場駐車場

個人旅行で飛行機、ホテル、レンタカーを抑えて名古屋を出発しました。レンタカーを空港で借りて最初にやってきたのが弘前です。

弘前ねぷた会場に近い場所の駐車場を前もって調べておきました。イトーヨーカドーさんが1160台止めれて余裕がありそうだったのでこちらに止めさせて頂きました。

イトーヨーカドーがオープンしているのが21時までなので、21時には戻ってこなければなりません。1時間100円です。イトーヨーカドーのお買い物で3時間無料、5千円以上お買い物で6時間無料、1万円以上お買い物で1日無料となるようです。

イトーヨーカドーでお土産を買いました。シャイニーのリンゴジュース。青森と言えば、シャイニーが有名みたいです。リンゴの酸味、甘味、製造方法に寄ってさまざまなリンゴジュースがあります。

密閉絞りとストレートのタイプを購入しました。この価格でストレートのおいしいリンゴジュースが飲めるとは。青森の人がうらやましい!

そして、イトーヨーカドーでちょっとだけお土産を買う予定が、5000円以上買い物をしてしまいました。でも、駐車場代が無料になりました(*゚▽゚)ノ

弘前アップルパイ

イトーヨーカドーの方からねぷた会場前の弘前城の方に歩いて行くと、美味しそうなケーキ屋がありました。アップルパイを購入しました。

ねぷた会場へ

弘前ねぷたの開始地点です。有料観覧席になっていて私たちも2席確保しておきまた。有料観覧席はチケットぴあで7月1日〜22日まで販売していて、1人2000円でした。7月1日に即購入しました。嫁ちゃんと2人で、発券手数料も含めて4216円でした。

こちらは観覧席を申し込むとセットでついてきたものです。リンゴジュースもついてきてうれしいです(^-^)

先ほどのケーキ屋「パティシエール・ル・ショコラ」で購入したアップルパイです。ねぷた開始を待っている間に食べました。リンゴの身がゴロゴロっと入っていて美味しかったです。

イトーヨーカドーで購入したシライシパンという会社のりんごデニッシュ。りんごづくしです(^o^)

6時15分から津軽情っ張り大太鼓模範演技が始まりました。「じょっぱり」とは頑固者という意味だそうです。演奏の後、見物客も太鼓を叩くことが出来る時間がありました。

ねぷた祭り開始

当日は天気が悪くてヒヤヒヤしました。開始時間のタイミングでは少しパラパラと雨が降っていました。ねぷたもビニールが敷いた状態で登場です。

ねぷた行進をしている子供達にもらいました。とてもかわいいです。今は我が家に飾っています(^-^)

最初の方のねぷたがビニールをかぶった状態だったので残念に思っていましたが、途中のねぷたからビニールなしになったので良かったです。

ヤ〜ヤド〜!という言い方が皆さん独特で気合が入っていて心地良かったです。

太鼓と笛の音も臨場感があって雰囲気がありました。

弘前のねぷたはこのように扇形に絵が描いてあるタイプのねぷたです。以下、色々なねぷたを載せておきます。変形して大きくなるねぷた等もあって面白かったです。

こちらは自衛隊のかたの行進です。剣舞という舞で入隊一年未満の若手が担当しています。華やかな舞で見応えがありました。

先ほどまでの丸いねぷたと異なり、立体的で大きなねぷたもありました。ちょうどこの後、雨が強くなってきましたので、早めに切り上げ駐車場に向かいました。イトーヨーカドーの駐車場は21時までだったのでちょうど良かったです。

折り紙で作った金魚ねぶたを全部で4ついただきました。子供たちの手作りみたいでかわいいです。

感想

ヤーヤドーの声と太鼓と笛の音が今でも心地よく耳に残っています(^-^)。とても貴重な観覧をしたと思っています。生まれて初めてみた青森ねぶたで、とても感動しました。

青森三大ねぶたの中でも、弘前ねぷたが1番のお気に入りです。何時の日かもう一度、弘前ねぷたを見にやってきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください