福沢諭吉由来の地、中津を観光しました。

中津観光

中津は福沢諭吉ゆかりの地です。福沢諭吉は大阪生まれで中津に引っ越してきて19才まで中津で過ごしたようです。

下に移っている自転車は中津駅でお借りしました。中津観光ポタリングに出発です。

駅前のロータリーです。一万円札と記念撮影。

これから自転車で福沢諭吉記念館と中津城を目指します。

福沢諭吉旧居、記念館

自転車で5分、福沢諭吉記念館、旧居に到着しました。

福沢諭吉旧居です。1人400円(中学生以下は200円)で入館出来ます。

ここは何をするところなのだろう?勉強部屋?

福沢諭吉旧居&記念館詳細

【住所】大分県中津市留守居町586
【電話】0979-25-0063
【営業時間】9:00~17:00(入館受付は16:30まで)
【定休日】12月31日

中津城

福沢諭吉旧居、記念館のすぐ近くにあります。入館料1人400円(中学生以下200円)です。

お城からの景色です。

歴史に疎くて黒田官兵衛が何をした人なのかが分からない。関係あるのだと思います!

中津城の後は耶馬溪橋と青の洞門を目指しました。

耶馬溪橋

別名オランダ橋と呼ばれているようです。1923年に完成、日本最長の石のアーチ橋です。観光用に作ったみたいです。

アーチが8個あるのが特徴です。とはいえ、まあ普通の橋です。中津市に来たのでついでに寄ってみました。

青の洞門

禅海和尚(ぜんかいおしょう)がノミで掘り続けて掘ったという手彫りの洞窟です。現在は改修されていて手彫りの大部分が残っていませんが、一部残っています。

残された手彫りの部分です。

まとめと感想

福沢諭吉記念館が思いのほかおもしろいと思いました。撮影禁止のため、写真には残せてないのが残念です。福沢諭吉が大分出身だとは旅行前は知らず、いい勉強になりました。

中津に来た目的はから揚げを食べることですが、思いのほか、から揚げ以外でも中津観光は楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください