「かもめ食堂」に行ってきました。サチエさんのおにぎりが食べたい!

かもめ食堂

「かもめ食堂」って知っていますか?フィンランドのヘルシンキを舞台にした映画です。この映画を見るとヘルシンキに行きたくてうずうずしてくると思いますよ。

そして、ヘルシンキには映画「かもめ食堂」のかもめ食堂を再現したレストランがあります。それがRavintola KAMOME(ラヴィントラ・カモメ)です。

映画を見て、小説を読んで、実際に行ってきました。レポートしたいと思います。

Ravintra KAMOME 体験記

ヘルシンキ内はトラムが大変便利です。かもめ食堂の近くもトラムが走っているので、アクセス良好でした(^-^)

ラヴィントラ・カモメに到着です。

お隣はAtelier KAMOME(アトリエ・カモメ)といって焼き菓子体験などが出来るお店になっていました。

ラビントラかもめ前の看板

レストラン内部。木のぬくもりを感じる雰囲気になっていました。

かもめ食堂オリジナルグッズも販売しています。

この日は団体さんのご予約が入っていました(^-^)

カウンター。映画とカウンターの位置が違っていました。窓の外から覗けない位置にカウンターがあります。

映画かもめ食堂のサイン色紙

メニュー。お目当てのおにぎりは2個で7ユーロでした。

カモメ食堂のメインメニューは『おにぎり』でした。サチエさんがこだわっていたおにぎりを、ラヴィントラ・カモメで食べてみたかったのです(*^-^*)

ミニシナモンロールは2つで6ユーロ。ヘルシンキに来たらやはり、シナモンロールですよね。

ラーメンもあるようです。でも16ユーロは高いような('ー')

そのほか、ミートボールをいただくことにしました。

料理の待ち時間に嫁ちゃんが取った写真。看板もうっすらと写っていてお気に入りの写真です。

おにぎり。映画ではアラビアの食器に提供されていました。食べたかったので、うれしいです(*゚▽゚)ノ

ミートボール。リンゴンベリーの酸味があって甘いソースがミートボールに良くあっています。こちらではベリー系のソースをお肉に合わせます。

サービスのパン。ライ麦とサワー種を使ったパンで酸っぱいです。ドイツでよく見かけます。苦手な人は苦手かも?私は苦手です(>_<)。ただし、ものすごく健康に良さそうです(*゚▽゚)ノ

上から眺めたようす。美味しそうですね!

食後にいただいたミニシナモンロール。隣に置いてあるカードは名刺です。小さいのが分かります(^-^)

Ravintra KAMOME 詳細

【地図】

【住所】Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki, フィンランド

感想

映画「かもめ食堂」を見たファンなら是非行ってみて欲しいと思うレストランでした。味はそこそこで、値段が高いかな?観光地価格かな?と思いますが、面白いと思うので是非!

私自身は行ってみて感動でした。「あのかもめ食堂にいるんだ!」という感覚です。

日本人の観光客も何人かいました。他にはアジア系の観光客が目立っていました。中国や韓国でもかもめ食堂流行ってるのかな?もしくは日本食を食べに来ているのかな?と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください