バンコクでタイ航空のラウンジを利用しました。

Royal Silk Lounge(ロイヤルシルクラウンジ)

アンコールワット旅行に行ってきました。往復の飛行機はタイ航空を利用です。帰国便はシェムリアップからバンコク乗り換えで、中部国際空港まで移動しました。途中のバンコクで利用したラウンジについてのレポートです。

タイ航空のラウンジはプライオリティパスの対象ではないので、①ビジネスクラス以上を利用、②スターアライアンスゴールドの資格、③タイ航空の上級会員資格のいずれかが必要となります。

私たちはANA SFC特典であるスターアライアンスゴールドの資格を利用してタイ航空のラウンジ、ロイヤルシルクラウンジを利用してきました。

明るすぎず、雰囲気のあるラウンジです。

通路の空間が大きく取ってあります。

子供たちの遊ぶスペースが用意してありました。

飲み物が豊富に用意してあります。

食べ物も豊富です。欧州や北米に比べ、食べ物に関してはアジアのラウンジが充実している気がします。

海老のスープをたくさん作っていましたので、1つ頂きました。

チャーハンと春巻きです。一番奥の丸いものは何であったか忘れてしまいました。

海老のスープがおいしかったでので、おかわりしました。

タイのスプライトは甘い気がします。

ロイヤルシルクラウンジ詳細

【場所】国際線コンコースD 3階
【電話】0570-064-015
【営業時間】05:00~25:00
【シャワー】あり

ロイヤルシルクラウンジはバンコク国際空港内に複数ありますので、詳細は公式ホームページ(こちら)をご確認お願いします。

感想

ロイヤルシルクラウンジが使えて良かったです!往路で使えなかったので、喜びも一塩でした。往路で使えなかったという記事はこちら『タイ航空かつSFCでロイヤルシルクラウンジが使えませんでした。』を参照お願いします。

バンコクスワンナプーム国際空港はかなり広く、今回利用したラウンジはコンコースDにあるラウンジです。他のコンコースにもラウンジはあります。

トランジットが1時間半しかなかったので慌ただしくラウンジをあとにしました。もう少しゆっくりしたかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください