セビーリャ旅行 大聖堂とアルカサル

セビーリャ(セビリア)とは?

スペイン、アンダルシア地方の首都にあたる都市です。マドリード(320万人)、バルセロナ(160万人)、バレンシア(80万人)に続いてスペイン4位の人口を誇ります(人口70万人)。

 

セビーリャの場所は?行き方は?

マドリードから南西へ540km程の場所にあります。セビーリャには鉄道、バスの他、空港があるので飛行機で訪れることも出来ます。以下は、アンダルシア地方各地とマドリード、バルセロナからセビーリャまでのそれぞれの移動手段での所用時間です。

鉄道
マドリード 2時間半
グラナダ 3時間
コルドバ 45分
マラガ 2時間

バス
マドリード 6時間半
グラナダ 3時間
コルドバ 2時間
マラガ 3時間

飛行機
マドリード 1時間
バルセロナ 1時間半

 

夫婦2人のセビーリャ旅行

コルドバ→セビーリャへの移動

コルドバからセビーリャまではレンフェ鉄道で向かいました。

セビーリャ駅到着

50分程でセビーリャ駅に到着しました。駅から宿までは歩いて行きました。

ホテル周辺です。

ホテル

ホテルに到着です。時刻は2時半。私たちが行った12月はカテドラルが3時半までしか開いていないので急いで出発する必要があります。

室内の様子

セビーリャ観光

セビーリャ観光開始です。オレンジの木が可愛いです。カテドラルが正面に見えます。

カテドラルはイスラム教が融合したような感じはしませんでした。後から調べるとxx

カテドラル

 

 

 

カテドラルの庭

カテドラルの門です。出口となっています。

ヒエルダの塔

広場の様子です。

アルカサル

次にアルカサルに行くことにしました。しかし、到着してみると大行列です。30分程並ぶと中に入れました。手荷物検査があったので時間がかかるようです。予約者用の列が別に用意されていて予約者は並ぶことなしで入れるので訪れる時間が決まっている方は予約した方がいいです。

アルカサルの中はかなり広かったです。建物は見応えがあり、庭も見事でした。

セビーリャ散策

アルカサル、カテドラル周辺の街を探索してホテルに戻りました。オレンジの木も沢山植えていました。

 

まとめと感想

バタバタと大変でしたが、なんとかカテドラルとアルカサルの観光が出来て良かったです。アルカサルの見応えがありました。行列でしたが、並んで良かったなと思います。ですが、アルカサルは予約が出来るので予約するのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください