スカイスキャナーの使い方 上級編 おすすめしません!

スカイスキャナー 上級編

『海外旅行、格安で航空券を入手しよう』でスカイスキャナーの使い方を説明しましたが、一歩進んでさらに安く航空券を買える方法を説明します。ただし、お勧めできません(笑)

設定国の変更

その方法とは設定国をイタリアスペインにする事です。そうすることでさらに安い航空券に出会えることがあります。

1.次のように設定します。一番上に「日本の国旗+¥JPY」の表示がありますね。その表示をクリックします。

skyscanner2

2.すると下のような表示が現れます。

skyscanner10

3.国設定をスペインやイタリアなどに変更します。以上です。

skyscanner11

後は、普通に検索するだけです。スペイン、イタリア以外にも安い航空券はありますのでいろいろ見てみると面白いかもしれません。

 

設定国変更の問題点

イタリアやスペインの旅行会社なので問題が起きたときに相当ややこしくなります。

そもそも航空券を購入する段階からイタリア語、スペイン語です。スカイスキャナーから旅行会社を選択すると旅行会社のサイトに飛ぶのですが、全く読めないのです(笑)

ブラウザの翻訳機能を使ったりエキサイト翻訳等でコピーペーストして読みます。ここでのコツは日本語に翻訳するだけではなく、英語にも翻訳してみることです!日本語だと変な役になることが多いですが、英語は言語が近いので変な意味にはなりません。どちらも試してみるのがおすすめです。

そうやって苦労してさらに安い航空券をゲットできます。自分も設定国変更で安い航空券を購入したことがあります。何も問題はありませんでしたが、たまたまトラブルがなかったと思うことにしています。あまり万人におすすめできる方法ではないように思います。「なら載せるなよ!」という声が聞こえてきそうですが、こういう方法もあるということで。

スカイスキャナーの日本設定でも十分安いです。どうしても更に安く買いたい、設定国変更にトライしたいという方は何度か経験を積んで航空券の買い方に慣れてからの方がいいと思います。

 

私の発券ミス、エピソード

私にはこんな発券ミスエピソードがあります。

スカイスキャナー経由ではありませんが、発券ミスをしたことがありますのでその時の話をします。自分はインターネット経由でアメリカの旅行会社から航空券の購入ミスをしたことがあります。自分のメールアドレス登録ミスをしたのです。そのため、航空券は購入してしまっているが、メールアドレスが違うため航空券が送られて来ないという問題が起きたのです!インターネット経由で航空券を購入すると紙の航空券が送られてくることは少なく電子チケットであることがほとんどです。最初は原因が分からず相当焦りました。メールアドレスの登録ミスに気づきましたので、アメリカの旅行会社に電話をしました。国際電話が格安でかけれるSkypeを使いました。どきどきしながら事態の経緯を拙い英語で説明しました。ゆっくりと聞いてくれてメールアドレスの登録を電話口で変更してくれました。その後、メールにEチケットが送られてきました。送られてきたときは本当にホットしたのを覚えています。あのときの担当者様、本当にありがとうございました!

こういうこともあるのです。皆様は私のようにミスをしないように気をつけましょう。このケースの場合、英語だから何とかなったようなものの、スペイン語だったらと思うとぞっとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください