バンコクに横たわる、デカすぎる黄金の涅槃像

WAT PHO(ワットポー)

バンコク旅行に行ってきました。今回は、ワットポーという涅槃仏(ねはんぶつ)を見てきました。

ワット→お寺
ポー→菩提(ぼだい)で、悟りという意味です。
合わせると悟りの寺という意味になります。

1人100バーツ支払いをして中に入りました。

目指すは涅槃仏です。ですが、涅槃仏を見つける前に見かけた建造物が下です。

この尖った物体は何だろうと調べてみると、お墓なようです。大きな仏塔が4つあって、歴代の王朝のお墓になっています。その周りにある小さな仏塔は一般の人でも納骨できるようです。

涅槃仏の入口を見つけましたので、中に入ります。外にあるのではなく建物の中にありました。靴を脱いで建物へ。

まず、入ってすぐの頭のどアップ(^-^;)。建物の中にあり、これ以上後ろに下がれないっ!

さらに、足が長いっ!

足の下の方が修復中になっていました。

足の裏が黒い。そして、ちゃんと指紋があります(・ω・)

涅槃仏の裏にはズラッと並んでいる108個の鉢。

日本でも煩悩の数は108と言われていますね。この鉢にコインを順に入れていって煩悩を消して行きます。コインは20バーツで交換を行ってくれます。

こんなふうに入れてます。ちなみに私は入れていないので、煩悩はしっかり残ってます(^-^;)

背中もデカい!

頭を乗せてる箱は仏像様の枕かな?

とぐろを巻いた蛇の上にいる仏像です。この蛇はカンボジアでも見ました。ナーガというインド神話に起源を持つヘビの神様です。

寺の中で炊き出しをしていたので頂きました。おいしかったです。

うどんのようでちょっと違ったけど、なかなかおいしい( ^o^)ノ

お腹もふくれたので気分よくワットポーをあとにしました。

ワット・ポー詳細

【地図】アクセスし辛い場所にあります。私たちはバンコクスワンナプーム国際空港からエアポートレールリンクを使って、終点のパヤータイ駅まで行き、そこからトゥクトゥクに乗ってワッポーまで行きました。

下の地図で言えば、空港から出ている青いラインの終点パヤータイ駅まで鉄道で行き、そこから赤いライン上をトゥクトゥクを使って移動しました。

【住所】2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict Pranakorn District, BANGKOK 10200, タイ
【電話番号】+66 2 225 9595

感想

仏像って横たわるとこんなに大きく感じるんだと驚きました。

涅槃仏自体を見たのは生まれて初めてです。黄金の仏像も初めてかも?仏像ってあぐらをかいて座るものだけじゃないんですね(・ω・)。人生知らないことだらけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください