ANA青森ー伊丹便がまさかの欠航。代替便手配と初めてのFDA搭乗記。

青森ー伊丹の欠航

飛行機での移動の際、天候やら機材の不具合やらで遅延や欠航を経験した方もいると思います。今回、私たち夫婦も機材不良で欠航を経験しましたので内容をレポートしたいと思います。

代替便手配の体験談

3泊4日の青森ねぶた旅行を終え、青森空港に戻ってきました。青森空港に行くには必ず有料道路を通る必要があり、「210円を払うのはもったいないなー」などと、のんきなことを思っていました。これから起きることなど想像もしていませんでした。

搭乗時間の1時間前にはレンタカーを返却し、チェックインカウンターに向かいます。

ANAチェックインカウンターに到着です。ねぶたっぽくて素敵です。形状から弘前ねぷたかな?

ANAオリジナル金魚ねぷた

チェックインの際、地上係員さんから「機体の整備不良のため、機材がまだ札幌から到着しておりません。お客様、大変申し訳有りません。新しい出発時間が決まり次第連絡いたします。」と言われ、その場では1度普通にチェックインを行いました。

ですが、ものすごくいやな予感がしたので改めて自分で新しい出発時間を計算してみました。

・案内を受けた時点で青森出発の30分前
・機材は未だ札幌で直るメドがたっていない
・札幌ー青森の飛行時間が50分
・札幌で案内を出して乗り込むのに15分
・青森で案内を出して乗り込むのに15分

ということはその時点で50分遅れが決定しているということです。機材整備に1時間かかれば2時間遅れです。

青森17:00発ー伊丹18:55着の便を予定してたので、2時間遅れだと伊丹に21:00着となってしまい、自宅のある名古屋に帰るのが怪しくなってきます。それどころか最悪の場合、青森から出れないことも想定されました。ですが、次の日は仕事なので帰る必要があります。

即座にANAチェックインカウンターの地上係員に相談です。帰れなくなる旨相談すると、FDAさんの青森ー県営名古屋を用意できる可能性があるということでFDAさんと調整を取ってもらいました。

そしてFDAさんの青森17:20発ー県営名古屋18:45着の代替便を手配してくれました。

フジドリームエアラインズ(FDA)搭乗記

生まれ初めてのFDA便にテンションが上がります。

青森ー県営名古屋は短距離線に該当するらしく選べるドリンクが限られていました。コーヒーとお菓子をいただきます。

メニューに載っているカルディーコーヒーはないとのことで、トミヤコーヒーをいただきます。なかなかおいしかったです。調べてみると、トミヤコーヒーはFDAの本拠地である静岡の老舗コーヒーでした。

ちなみにANAのエコノミークラスや普通席のコーヒーは不味すぎて飲めたものじゃないです。どうしてあんなにまずいコーヒーを出すのでしょう?たまに機内誌で「美味しくなりました。」と書いてあると挑戦するのですが、やはり不味い(>_<)

チョコはシャトレーゼでした。

機内はグリーンで統一(^-^)

機体もグリーンのFDAでした。FDAはカラフルな機体が有名で、1度は乗って見たかったので良かったです。基本ANAやスタアラばかり乗ることにしているので、JALグループであるFDAには今回のようなことがなければ乗る機会がないです。

県営名古屋空港(小牧空港)に到着です。はじめて小牧空港に訪れました。中部国際空港と間違って訪れる観光客もいるそうですが、確かに名前が紛らわしいですね。関空と大阪国際空港(伊丹空港)も知らないと間違えるかも?

小牧空港のキャラクターは「なごぴょん」というらしいです。

FDAのカウンター

お土産屋

なごぴょんのお饅頭

名古屋お土産の定番である外郎(ういろう)

機内販売もしていたFDAのぬいぐるみ

名古屋空港にお別れです。

感想

その後、青森ー伊丹便は欠航になり、代わりに青森ー関空便が用意されたようです。全員に用意された代替便では新幹線でも名古屋には帰れない時間帯だったので、個別にFDA便を用意していただき助かりました。

代替関空便
青森20:40ー関空23:05

代替FDA便
青森17:20ー県営名古屋18:45

遅延や欠航で旅程に問題が発生する場合は、すぐに地上係員に相談すべきだと思います。できる限りの対応をしてもらえます。私たちはANAが欠航や遅延を空港で放送する前に動いたので、なお良かったのだと思います。

残念だったのはANAの青森ー伊丹はボンバルディアDHC8-Q400というプロペラ機運航だったので、乗るのを楽しみにしていた点です。また次回、乗る機会があることを楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください