ANAに乗って青森へ。伊丹〜青森はプロペラ機で感動!

ボンバルディア(伊丹ー青森)

3泊4日で青森ねぶた祭りに個人旅行で行って来ました。名古屋から青森への移動についてレポートしたいと思います。

名古屋から青森への移動手段を検討

ANAファンなので、ホーム空港である中部国際空港からANAに乗って青森へ行きたいところです。ところが、中部国際空港から青森へは現在ANA便は就航しておりません。

ここで考えられる選択肢は2つ
①新幹線や長距離バス等で青森へ向かう
②発着空港を変える、羽田乗り換えを検討する等、なんとしてでも飛行機で青森へ向かう

当然②を選択です(*゚▽゚)ノ。嫁ちゃんは私の巻き添えをくらい 一緒に②を選択することになります。

名古屋近郊で空路を調べてみると、伊丹からなら青森へANA便が就航していることが分かりました。伊丹であれば名古屋から近鉄や高速バスで安く移動できるので伊丹ー青森便に乗ることに決定です。

伊丹ー青森便の往復予約

伊丹ー青森のANA便に乗ることを決定したのはいいのですが、問題は伊丹ー青森の航空券を抑えることが出来るかどうかです。

普通に予約すると高そうですし、ねぶた期間の青森便の国内線特典航空券を普通にゲットする自信がありませんでしたので、国際線特典航空券に絡めて発券することにしました。

2017年11月海外旅行
ANA特典航空券「名古屋ー海外ー名古屋+伊丹ー青森

2018年08月青森ねぶた旅行

2018年12月海外旅行
ANA特典航空券「青森ー伊丹+名古屋ー海外ー名古屋」

このように海外旅行に絡めて発券することで、なんとか青森ー伊丹往復の特典航空券をゲットしました。

伊丹ー青森体験記

名古屋から伊丹まで電車やバスを乗り継いで移動です。下の写真は大阪モノレールの蛍池駅です。

伊丹空港に到着です。正式名称は大阪国際空港です。正式名称とは裏腹に伊丹空港は国内線のみの空港です。ものすごく違和感があります。

伊丹空港のキャラクターです。かわいいです(^-^)

初めて訪れたのですが、伊丹空港の中はとてもおしゃれになっています。お土産屋等も充実しています。

小腹が空いたので、大阪っぽい食べ物を探しました。お好み焼きもいいですね。

今回はたこ焼きにすることにしました。『道頓堀くくる』さんです。

食べれなくはないけど、どこにでもあるたこ焼きでした。外はカリっ、中はトロっとしている大阪独特の美味しいたこ焼きではありません。私は「くくる」さんのファンですが、伊丹空港店は本場大阪の味とはほど遠いです。作り置きのような味がしました。おすすめ出来ません。

伊丹と言えばダイハツ

出発前にANAラウンジに寄りました。

伊丹ー青森はプロペラ機(ボンバルディアという会社のDHC8-Q400という機体)でした。乗り込もうとするまで知らなかったので、嬉しい誤算です。

とってもかわいい機体です。ANAの機体の中で1番好きかも知れません(^-^)。

ちなみにQ400のQはQuiet(静か)から来ています。プロペラ機にしては静かということなのでしょう。いざ、青森へ!

30分遅れで、青森空港に到着しました。到着口では早速青森感が出ています。

空港でお土産も買えます。1階にはBLUE SKYが入っていました。

レンタカーを借りて青森旅行開始です。問題なく無事に青森にたどり着けてよかったです。

感想

伊丹ー青森のANA便はまさかのボンバルディア機でした。74席しかないので繁忙期に普通に座席を獲得するのは至難の技だと思います。国際線に絡めて早くから発券しておいて良かったです。

発券は出来たのですが、なぜか座席指定が出来ず、窓際の席を確保出来なかったのが少し残念です。次回青森に行くとしてもまた行きたいと思えるルートだったので、また伊丹ー青森便に乗ってみたいです(*゚▽゚)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください