ヘルシンキ観光で見ごたえのある建築物6選

ヘルシンキの建物めぐり

ヘルシンキ観光で外せない建物を6つ紹介したいと思います。今回紹介する建物は、ヨーロッパらしいものからヘルシンキならではのものまで様々です。ヘルシンキ観光では、シナモンロールめぐり、ショッピング、カモメ食堂のロケ地めぐり、サウナに行ってみるなど色々ありますが、建物もなかなか面白いので是非参考にしてください。

①ヘルシンキ中央駅

ヘンシンキ空港から鉄道で市内にやってくると到着するのが、ここヘルシンキ中央駅です。市内の割と便利な位置にあります。

ヨーロッパらしい鉄道ホームです。始発駅でのみ見れるこの景色は圧巻です。アーケードや列車、行き交う人々を見ると旅の風情を感じます。

中央駅は外観も面白いです。一見普通に見えます。

近づいてみると、4体の像が1つずつ電球を持っているのが分かって面白いですよ。

駅前はトラムも走っていて便利です。日本ではあまり走っていない路面電車も、風情があっていいです。

②カンッピ礼拝堂

続いて紹介したいのが、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分、歩いてすぐにあるこちらの建物です。まず見た目からは何なのかはさっぱり分かりません。

木で出来た陸の舟?何だろう?となりますよね。

正解は礼拝堂です。形が面白いですね(^-^)

別の角度から。曲線が美しいです。

近づいて見るとこんな感じに木を組み合わせているのが分かります。

こちらは入口です。内部は残念ながら撮影禁止です。中はシンプルな礼拝堂になっていました。

③ヘルシンキ大聖堂

次に紹介したいのが、こちらのヘルシンキ大聖堂です。青い空に映える白亜の大聖堂です。とても美しくて、見とれてしまいます。是非とも晴れの日に見て欲しい建物です。

こちらは大聖堂前にある広場、ヘルシンキ元老院広場です。

大聖堂の内部は非常にシンプルでした。

④アカデミア書店

フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトの作品であるこちらの書店はエスプラナーディという目抜き通り沿いにあります。

書店2階からのようす。奥にはカフェもあります。真ん中が吹き抜けになっているのが、特徴です。

1階のようす。天井にある天窓が本の形をしているのも特徴なのですが、写真では切れてしまっています。

⑤ウスペンスキー寺院

赤レンガと黄金のクーポラ、緑色の屋根が特徴的な建物です。小高い丘に立っているので、ちょっと目立ちます。

ロシア正教会です。

内部も豪華です。

⑥テンペリアウキオ教会

またまた変わった教会を紹介します。ヘルシンキはデザインがすごいです!

こちらは岩の中にある教会です。先ほどまで紹介した建物は全て入場無料でしたが、こちらは大人1人3ユーロです。クレジットカードも使えます。

教会内部。天井は銅で出来ていて、周りは岩で囲まれていますね。こんな教会今までに見たことがありません。

壁際にあるパイプオルガン

教会内部2階からのようす。

教会は内部のみでなく、上からも見ることが出来ます。外から上に登れる道があります。

上からみるとこんな感じになっています。宇宙船のようにも見えます(^-^)

まとめ

いかがでしたか?ヘルシンキは見応えのある建築物が多くありますね。特にカンッピ礼拝堂とテンペリアウキオ教会については目を見張るものがあります。

今回紹介した建物は全て市内中心部に固まっているので、トラムを使えば簡単に見て回ることが出来ます。とてもお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください