プレミアムエコノミーへの無料アップグレード。会員間に差はある?

プレミアムエコノミーへのアップグレード

ANAプラチナメンバー、ダイヤモンドメンバー、SFC会員は空席があればANA運行便の国際線に限りエコノミー利用でもプレミアムエコノミーにアップグレードしてもらえるという素晴らしいサービスがあり、妻と自分の分をプレミアムエコノミーにアップグレードしてもらいました。

プレミアムエコノミー

写真では伝わりにくいのですが、下のエコノミー席よりシート幅もピッチも広くなっています。

エコノミー

アップグレードの仕方

国際線出発の24時間前にインターネットでチェックインを行うと、チェックイン後にプレミアムエコノミーの席を選べるようになっています。アップグレードは自分で行うというのが、注意点です。電話でのアップグレードは出来ませんので気をつけて下さい。チェックインカウンターでも出来ると思いますが、出遅れてしまいます。

詳しくはこちらの記事も参照お願いします。

会員間にアップグレードのし易さはあるのか?

ダイヤモンド、プラチナ、SFCとアップグレードのし易さは異なるということが分かりました。

私と妻の航空券を別に発券してしまったため、妻と私は別でアップグレードが必要になりました。電話で問い合わせてみるとそれぞれアップグレードの手続きが必要だということです。そして、私(ダイヤモンド会員)は妻(SFC会員)よりアップグレードの席を多く用意されていることがあるとのことでした。

なので、作戦としてはまずは妻のアップグレードを優先的に確保することにしました。そして無事に2人ともアップグレードに成功しました。

実際にオンラインチェックイン後に確認すると妻のログイン画面と自分のログイン画面はプレミアムエコノミーの座席数が異なっていました。全14席の座席に対して私の方が2席多く座席が確保されていました。

プレミアムエコノミーを堪能

機内食はエコノミーとプレミアムエコノミーは同じです。ですが、ANAの機内食はエコノミーでもおいしいです。私は各航空会社の食事の中でも特にANA便での機内食が一番気に入っています。下は私が選んだ「洋食屋さんのビーフハンバーグフライドエッグ添え」です。

妻が選んだ「鶏唐と彩り野菜弁当」です。どちらもおいしかったです。デザートはハーゲンダッツだったのですが、この後眠くなって眠ってしまいました。

プレミアムエコノミーではビジネスクラスと同じデザートが頂けます。

軽食です。

感想

この便は羽田発バンクーバー行きの夜便でした。凄く眠かったので寝てしまい、ほとんど写真を取っていません。残念です(>_<)。

エコノミーとプレミアムエコノミーの差は座席とシートピッチが変わるぐらいの差ですが、それがとても大きな差になっていると思います。ただ、プレミアムエコノミーの良さが伝わりにくい記事で申し訳ありません。

SFC会員以上に与えられるこのアップグレード特典はとってもお徳だと思いますす。そのため、この特典のためにSFCを取得するというのもありだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください