奈良町でうなぎ!菊水楼の離れ、うな菊でおしゃれにランチ。

うな菊(うなきく)

うな菊は名店【菊水楼】の離れにあるうなぎのお店です。

菊水楼さんの入り口の様子です。写真では誰も写っていませんが、実際には着物姿の女性やスーツ姿の男性がいて案内してくれます。写真を取るときによけて下さいました。

予約なしで行ったのですが、直ぐに入れました。

門を入って直ぐの様子。

左側の門がうな菊さんに続いていて、右側の建物が料亭と和食レストランになっています。

こちら側から入ります。

庭がきれいです。

うな菊さんの入り口です。

席の様子です。落ち着いた感じです。お客さんはそこそこいました。

メニューのうなぎは丼、重、大丼と別れていて丼を注文しました。ステーキ重もあったのでうなぎが苦手な方と一緒に来れます。

吸い物は+50円で赤味噌、+150円で肝吸いに変更出来ます。肝吸いを頂きました。

美味しいうなぎです。うなぎの焼き方はかりかりではありません。ご飯の焚加減は素晴らしいです。

以上で、税込2538円でした。重になると倍近くのお値段がするのでランチでは手がでませんでした。ですが、うなぎ自体は良くも悪くも普通の味なので丼で十分かなと思います。

メニュー(税抜)
小菊(丼)2200円
蒲焼き、白焼き
大菊(重)4000円
蒲焼き、白焼き、あいのせ(蒲焼き、白焼き)ステーキ
まむし(大丼)5500円
蒲焼き

その他、御膳メニューもあります。

中庭の様子です。

うな菊さんの詳細

場所:菊水楼の中にあります。興福寺の直ぐ近くです。近鉄奈良駅からだと徒歩10分ぐらいです。

住所:奈良市高畑町1130 菊水楼内
電話:0742-23-3070
営業時間:11:00~20:30(19:00 L.I / 19:30 L.O)
定休日:火曜日

まとめと感想

落ち着いた雰囲気でいいのではないかと思います。菊水楼の門に近づくと着物の女性が近づいてくるので緊張してしまいました。

絶品うなぎを楽しみに行くというより奈良の観光の際に立ち寄る程度でいいかと思います。そこそこ雰囲気はいいのでデートなどに使うといいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください