新鮮な函館産のウニを食べるため、函館朝市&きくよ食堂に行って来ました。

LTまいら
函館の朝市でウニだ〜。ホテルの無料朝食を我慢して突撃だ!
マイルのまいちゃん
そこまでして食べたいか!
LTまいら
ウニはロマン(^-^)

こんにちは。LTまいら(@mileage_fun)です。

函館の朝市と海鮮丼の老舗に行って来ました。函館の海で取れた美味しいウニを食べてきましたので、レポートしたいと思います。

函館朝市ときくよ食堂

函館朝市

JR函館駅前。函館の朝市は駅前西側にあります。函館朝市の場所をGoogle Mapsで確認。

朝市にやってきました。

函館朝市の営業時間と定休日
■営業時間
1月〜4月 6:00 〜 14:00
(店舗毎に異なる)
5月〜12月 5:00 〜 14:00
(店舗毎に異なる)
■定休日
年中無休(店舗毎に異なる)

函館朝市オフィシャルサイト

朝から新鮮な海鮮を求めて、皆さん訪れていますね。

カニやホタテなどその場で焼いてくれるお店もあります。

こちらはきくよ食堂前の通りです。

富良野メロンが一切れ500円也。

マイルのまいちゃん
メロン、とても美味しそうだね。

朝市の探索も終わり、そのままきくよ食堂へ。

きくよ食堂

函館朝市内にある『きくよ食堂』です。市場内には本店と支店の2店舗があり、こちらは本店です。ベイエリアと新千歳空港にも支店があります。

昭和31年創業の名物食堂。元祖函館巴丼(税別1780円)とありますね。このお店はうに、いくら、ほたての3色巴丼を最初に始めたお店なのです。

きくよ食堂の元祖函館巴丼
きくよ食堂は3色巴丼の発祥店。うに、いくら、ほたてを使うのが元祖函館巴丼です。

メニューを見ると各種丼ぶりがずらっと並んでいます。全て税抜。

元祖函館巴丼(うに、いくら、ほたて) 1780円
紅鮭親子丼(さけ、いくら) 1380円
いくら丼 1780円
ほたて丼 1680円
えび丼 1680円
ほたて・いくら丼 1680円
えび・ほたて丼 1680円
かに丼 1580円
うに・ほたて丼 2200円
えび・いくら丼 1680円
うに・いくら丼 2200円
うに・えび丼 2200円
うに丼 3000〜4000円
うに丼大盛り 4000〜5000円


LTまいら
迷ったら、元祖函館巴丼だ。

黄色いカウンター。黄色と言えば、表にある黄色の看板。緑色の暖簾と併せて『きくよカラー』と呼ばれています。

うに、いくら、ほたての価格が高騰しているお知らせがありました。

LTまいら
元祖函館巴丼のネタが3つとも高騰しているね(^^;)

うに・いくら丼 (税別2200円)

筆者が注文したのはうに・いくら丼です。この日は松前町塩水うにを使っていました。ムラサキウニです。

いくらの方は、味付けしていないロシア産の冷凍いくらを解凍後、味付けしての提供でした。ご飯はこだわりの炭焼きでふっくらと炊けていて、美味しいです。

マイルのまいちゃん
美味しそうだね。でも、元祖函館巴丼を紹介しておいて、選んでないのかい!
LTまいら
うにといくらには目がなくて(^^;)

丼は味噌汁と漬物がセットになっています。

LTまいら
函館産の美味しいウニを食べれて幸せ(^-^)
きくよ食堂 朝市本店
【住所】〒040-0063 北海道函館市若松町11-15
Google Mapsで地図を見る
【電話】0138-22-3732
【営業時間】5:00〜14:00
(12月〜4月は6:00〜13:30)
【定休日】元旦
公式ホームページ

さいごに

函館朝市&きくよ食堂、いかがでしたか?

新鮮な函館のウニを食べるため、きくよ食堂の本店に行って来ました。近くには『うに むらかみ』という有名店もあり、こちらと迷いました。

この日のむらかみさんのウニは利尻・礼文産のムラサキウニのことでした。折角函館に来たので、函館産のウニを食べたかったため、きくよ食堂に行くことにしました(時期により仕入れる産地は異なります)。

ウニめぐりの旅はまだまだ終わりそうにありません。

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください