大失敗のグラナダ旅行 幻のアルハンブラ宮殿となりました。

グラナダとは?

アンダルシア地方にある、かつてのグラナダ王国の首都だった都市です。グラナダの有名どころは、アルハンブラ宮殿です。私たちの場合、アルハンブラ宮殿はアンダルシア旅行全体のメインディッシュの予定でした。本当に楽しみにしていました。

 

ネルハからグラナダへ

私たちはネルハという都市からグラナダへ向けて出発しました。

ネルハのチケットブースです。ALSAの看板があります。朝は開いていないので前日に購入しておきました。1人9.33ユーロでした。クレジットカードも使えます。チケットはチケットブースもしくは運転手からも買えます。

グラナダ行きのバス乗り場は反対側なので、反対側の道路に渡ります。

グラナダ行きのバスがやって来ました。乗り込みます。朝早かったので私たちのほかに2名しかいませんでした。

走り出してから知ったのですが、山越えなのですね。細い道をくねくね走っていきます。

右へ、左へ。すごい細い道でしたが、対向車が全く来ませんでした。

ようやく、山を越えました。途中、野生の鹿を見たりとなかなか楽しかったです。

高速道路へ抜けてきました。

夜明けですね。朝日がきれいです。

ネルハ発グラナダ行きのバス
午前便は6:30発と10:00発しかありませんでした。それぞれ2時間半ほどでグラナダに到着します。なぜ06:30発に乗ったのかというとアルハンブラ宮殿の当日券に並ぶためです。このことが、後に悲劇を生みます(><)。

バスは途中沢山の停留所に寄ってグラナダへ到着しました。その中でもアルムニェカルという町で結構人が乗ってきましたので、大きな町なのかな?そしてオティバルという町で結構降りて行きました。

到着しました。時刻は9:00でした。

外から見たグラナダのバスセンターです。

バスセンターはグラナダの市街からかなり北に位置していたいたので、バスかタクシーで市街に向かう必要があります。バスセンターを出るとすぐ目の前にバス乗り場があり、ちょうど市バスが来たのでバスに乗り込むことにしました。カテドラルというバス停まで1人1.2ユーロでした。

 

まさかまさかの売り切れ!アルハンブラ宮殿に入れませんでした。

ホテルにスーツケースを預けいそいそとアルハンブラ宮殿に向かいました。このときは当日券が売り切れているとは思いもせず、楽観的なものでした。10時半にアルハンブラ宮殿に到着しました。そして、見出しの通りです。売切れです。悲しかったです。

アルハンブラ宮殿を完全になめていたようです。朝一に並べば、大丈夫なのかもしれません。私たちは次の日は飛行機でバルセロナに移動するため、今回の旅行ではあきらめざるを得ませんでした。いつかリベンジしたいと思います!

 

アルハンブラ宮殿行く途中の道です。かわいい道です。

アルハンブラ宮殿は無料解放している場所もあるので、無料解放分だけでも見たいと思ったので、取りあえず入ってみました。

ねこの日向ぼっこ

アルハンブラ宮殿からの景色です。

宮殿の外です。

 

アルハンブラ宮殿の予約

アルハンブラ宮殿はネット予約が出来ます。

当日券もありますが、売り切れの場合はどうすることも出来ません!次の日の予約をチケットブースで取ることは出来ないのです。次の日、また当日券を求めて出向く必要があるとのことでした。

海外旅行 施設の予約は大切です。大行列を回避しよう。』で大切です、と言っておきながら自分はこのざまです。行列どころか、入れませんでした(><)。皆さんは気をつけて下さい!アルハンブラ宮殿に行く際は、予約開始が3ヶ月前なので直ぐに予約することをおすすめします。私の場合、1ヶ月前に予約挑戦で、時すでにおそしでした。1ヶ月前の状態で完売でした。

 

アルバイシン地区&アラブ人街

アルハンブラ宮殿をあとにして、アルバイシン地区、アラブ人街の散策をしました。

 

 

このような細い道が上まで続きます。

 

 

 

展望台広場からアルハンブラ宮殿をぱしゃり。

丘の上にある、レストラン。賑わっていました。

 

昼食&ショッピング

バーガーキングで昼食を食べ、diaで買い物をしてホテルに戻りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください