予約の取れない究極のレストラン『ガッルーラ』ランチの様子を徹底レポート

こんにちは。食いしん坊で美味しいものには目がないLTまいら(@mileage_fun)です。

ガッルーラという名古屋で最も美味しいのではないかと思われるレストランを今回は紹介したいと思います。

ガッルーラはイタリアンレストランで、2ヶ月前に予約必須の人気レストランです。予約の仕方から注文まで、レポートしたいと思います。

ガッルーラのランチ

ガッルーラとは?

名古屋市八事にあるイタリアンレストラン。正式名称はクッチーナ・イタリアーナ・ガッルーラです。オーナーシェフである盛岡賢一さんは本場イタリアのミシュランレストランで修行した本格派のシェフです。

お店の名前になっているガッルーラとはイタリアのサルディーニャ島の地名です。一度は行ってみたいところです。

産地や素材にこだわり抜いた本格イタリアンで、名古屋でイタリアンと言えば、ガッルーラです。

予約は2ヶ月前の同日16:00に開始。人気レストランのため、中々予約は取れませんが、2ヶ月前に電話すればなんとか予約出来ます。

営業は火曜〜土曜です。日曜と月曜はお休みなので、注意が必要です。今回取り上げるランチですが、ランチの営業時間は11:30〜15:00です。

ガッルーラ八事本店に行く場合は、2カ月前の同日16:00に電話予約必須です。計画的に訪れましょう。

ランチコースは全部で3つ

A〜Cまでランチコースはありますので、順に紹介します。


~PranzoA~
・ANTIPASTI (前菜)
・PRIMI PIATI (パスタ)
・DOLCE o FORMAGGI & CAFFE (デザート or チーズ and カフェ)
3500円 (税別)

Aコースは前菜、パスタ、デザートのパスタランチです。


~PranzoB~
・ANTIPASTI (前菜)
・PRIMI PIATTI (パスタ)
・SECONDI PIATTI (メイン)
・DOLCE o FORMAGGI & CAFFE (デザート or チーズ and カフェ)
5500円 (税別)

Bコースは前菜、パスタ、メイン、デザートのコースです。


~PranzoC~
・STUZZICHINO (お口取り)
・ANTIPASTO① (前菜①)
・ANTIPASTI② (前菜②)
・PRIMI PIATTI (パスタ)
・SECONDI PIATTI (メイン)
・DOLCE o FORMAGGI & CAFFE (デザート or チーズ and カフェ)
9000円 (税別)

Cコースはお口取り、前菜2品、パスタ、メイン、デザートのコースです。


初めて訪れる方や遠方から訪れる場合は、メインのあるBコースやCコースがおすすめです。Cコースはちょっと量が多いので、個人的にはBコースがバランス良くて1番おすすめです。沢山食べられる方はもちろんCコースを(^^)

Gallura 体験記

ガッルーラ八事本店は地下鉄八事日赤駅から徒歩数分という便利な立地にあります。下の写真の2Fで1番左のお店がガッルーラです。

店内の様子。隠れ家レストランという雰囲気です。シェフの目の行き届く感じが良いです。

Bコースをお願いしました。先ほど上で紹介したように、前菜・パスタ・メイン・デザートのコースです。

前菜前にパンが運ばれてきました。自家製パンで、タマネギのフォカッチャとミルクパンです。

熱い内に早速頂いてしまいます。美味しいです。

ANTIPASTI

前菜です。下の6種類から1つ選べます。ガッルーラはコースを選択した後、前菜、パスタ、メインなどをそれぞれ選んでいくのですが、全て美味しそうでいつも迷ってしまいます。1800円で1皿追加することも出来ますよ。


1.「Galluraスペシャリテ」
桜の木で軽く燻したフレッシュフォアグラとマンゴー
鴨胸肉のレアを添えて 山形県産栃の木の花の蜂蜜のサルサ
2.「ガスパッチョ」
師崎産鰆・和梨・秋茄子のジェラート
3.「ブルスケッタ」
師崎産真鯵・フェンネル・みかん
4.「カプレーゼ」
平貝・モッツァレラチーズ・葡萄
5.「鴨」
ゴルゴンゾーラのムースと無花果のキャラメリゼ
6.「フリット」
カマスと松茸 (+1200円)

コースを選んで、次はメニューから1品ずつ選んで行くスタイル(プリフィックス)なので、イタリアンに慣れていなかいかたでも安心して楽しめます。しかも、選ぶ楽しさもあります。

5.「鴨」ゴルゴンゾーラのムースと無花果のキャラメリゼにしました。最後まで迷ったのはガッルーラスペシャリテにするかどうかです。フォアグラマンゴーが絶品でいつもはこちらを頼みますが、今日は新しいものに挑戦してみました。

鴨がとても美味しく、いちじくに良くあっていてこちらを選んで良かったです。

初めて訪れる場合はガッルーラスペシャリテのフォアグラマンゴーも必食です。

フォアグラマンゴーを食べたときの記事はこちら↓

名古屋でイタリアンと言えばガッルーラです。

2017年12月9日

PRIMI PIATTI

続いてパスタ。この日は次の7種類から選べました。2000円で1皿足すことも出来ます。


1.「フェデリーニ」
新イカ・小柱・祖父江の銀杏・唐墨
アーリオ・オーリオ・ぺペロンチーノ
2.「岡山県産こだわり卵で練りこんだタリオリーニ」
松茸と名古屋コーチンのラグー (+1200円)
3.「3種のパスタミスト (パッケリ・ジリ・ヴェスヴィオ)」
魚介のラグーとダルマ烏賊
4.「岡山県産こだわり卵で練りこんだタリアテッレ」
秋茸のカルボナーラ
5.「岡山県産こだわり卵で練りこんだタリアテッレ」
豊橋産あいち鴨・ジロール茸・栗のラグー・ペコリーノチーズ・タイム
6.「ストロッツァプレーティー」
牛テール・冬瓜・セロリのラグー
7.「リゾット」
とかちマッシュルーム・黒トリュフ風味

5.「岡山県産こだわり卵で練りこんだタリアテッレ」豊橋産あいち鴨・ジロール茸・栗のラグー・ペコリーノチーズ・タイムを選びました。

秋の食材を感じる素晴らしい一品でした!

SECONDI PIATTI

いよいよメインです。6種類から選びました。3000円で1品追加できます。


1.「師崎産甘鯛の鱗焼き」
アーモンドのサルサ
2.「沖縄産キビまる豚 (ロース)」
パッションフルーツのサルサ
3.「香川県産オリーブ牛の赤身肉」
美浜の塩・タップナード・タスマニアペッパー
4.「愛知県設楽町 段戸山高原牛の赤身肉」
炭塩・マニゲット (スパイス) のサルサ
5.「養老産鹿ロース」
赤ワインのサルサ
6.「仔羊」
北海道ハスカップのサルサ (2名様より)

選んだのは5.「養老産鹿ロース」赤ワインのサルサで、ジビエ料理です。クセが少なく美味しいお肉でした。

DOLCE o FORMAGGI

最後はデザート。チーズも選べます。1200円で1皿追加できます。


1.♪千葉県産落花生のパンナコッタ
黒糖のジェラート
2.♪琉球紅茶 (アールグレイ) のパンナコッタ
キャラメルのジェラート
3.♪メロンのジェラート
アニス風の西瓜のズッパ・西瓜のグラニテ
4.♪エスプレッソのカタラーナ
木次牛乳のジェラート
5.♪フランス産ヴァローナチョコレートのトルティーノ
クリームチーズのジェラート
(ご注文が入ってから焼き上げる為に少々お時間を頂きます (約10分))
6♪本日のチーズ3種盛り合わせ

2.♪琉球紅茶 (アールグレイ)のパンナコッタ キャラメルのジェラートにしました。

Bevande

食後のお飲み物


Caffé
エスプレッソ
エスプレッソ ドッピオ (+300円)
カフェ マッキアート (+200円)
カフェ コレット (グラッパ・サンブーカ・アマレット) (+300円)
カプチーノ (+200円)
コーヒー (フォルテ・レジェロ・デカフェ)


ダージリン
ミルクティー (アッサム)
アールグレイ

Tisana (ハーブティー)
フレッシュハーブティー (入荷時のみ)
フルーツカクテル (ハイビスカス・ローズヒップ・アップル・レモン・エルダーベリー)
煎茶レモングラス (深蒸し煎茶・レモングラス)
カモミール (カモミール・レモングラス・スペアミント)

ガッルーラのカフェはネスプレッソです。

今回はダージリンを選びました。藤が丘のTEA・MODEさんの茶葉、”紅茶のシャンパーニュ”と称される気品あふれる香りと味わい、とのことです。

香りと程よい苦味が美味しかったです。

ガッルーラ八事本店詳細

【地図】

【住所】〒466-0824 愛知県名古屋市昭和区山里町70−2 山手アベニュー 2F
【電話】052-680-7889
【定休日】日曜日、月曜日
【営業時間】11:30~15:00、18:00~23:00

予約の電話をする際は、営業時間内はお店はとても忙しいので、緊急時以外はなるべく営業時間外に電話したほうが良いです。
ディナーはカードOK、ランチはカードNGなので、ランチの場合は現金を忘れずに持っていきましょう。 

 

感想

ガッルーラが採用しているプリフィックスコースは6〜7種類から選べるので、選ぶのがとても楽しいです。どれも美味しそうでとても楽しい一時です。

メニューを選び終わり料理が運ばれて来ると、見た目の美しさに感動。食べて見ると美味しさに感動。

お店を出るときは、オーナーシェフの盛岡シェフが見送りに来てくれ、最後まで感動します。シェフが直々にお客さんのところに来てくれるお店は少なく、感動ポイント高しです。

ぜひ、名古屋のガッルーラ八事本店に足を運んでみてください。予約必須です!

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください