意外と知らないANAグループ運行便のルール

ANAグループ運行便とは?

ANAグループ運行便に対する勘違い

先日IBEXエアラインズに乗り、数日後ANAのサイトにログインするとボーナスマイル、国内路線2倍のプレミアムポイント、ライフタイムマイルが加算されていておやっと思いました。ボーナスマイル、国内路線プレミアムポイント2倍、ライフタイムマイルは加算されないものと勘違いしていたのです。これらはANAグループ運行便に適用されるルールなので、なぜだ!と思い調べてみたらANAグループ運行便の定義について勘違いしていました。以下、調べた内容です。

ANAグループ運行便についての調査

ANAグループ企業一覧

上記ANAホームページの航空運送のところを見ると、全日本空輸株式会社、株式会社エアージャパン、ANAウイングス株式会社、バニラエア株式会社となっています。

このことからIBEXはANAグループ運行便ではなく、提携運行便扱いだと勘違いしておりました。

ところが、ANAホームページのプレミアムポイントとは を読むと、

「IBEXエアラインズ、AIR DO、ソラシド エア、スターフライヤーおよびオリエンタルエアブリッジが運航する日本国内のコードシェア便は、ANA便名にてご予約・ご搭乗の場合のみ、ANAグループ運航便として積算されます。」とありました。

さらに、ミリオンマイラープログラム を読むと、

「ANAグループ運航便にご搭乗の場合は、「ANAライフタイムマイル」として、提携航空会社運航便にご搭乗された場合は、「ライフタイムマイル(ANA+パートナー航空会社)」としてカウントされます。」とあります。

つまり、IBEXエアラインズ、AIR DO、ソラシド エア、スターフライヤーおよびオリエンタルエアブリッジのNH便はANAグループ運行便扱いとなり、ボーナスマイル、プレミアムポイント国内2倍の対象であり、ライフタイムマイルはANAライフタイムマイルのほうに貯まるということがわかりました。

今まで私は北海道に行くときに希望の時間帯のAIR DOが合ったとしてライフタイムマイル欲しさに時間をずらしてANAを選んでいたのです。完全にあほでした。その必要はなかったのですね。これからはAIR DOも選択して行きたいと思います。ちなみにAIR DO発行では対象外なので注意が必要ですよ!

以下、まとめてみました。マイル、プレミアムポイント積算対象の航空券が前提です。ここで述べているANAライフタイムマイルとはパートナー航空会社を含まないANAだけのライフタイムマイルのことです。そして、重要なのですが、便名ではなく、運行便によってルールが変わっています。

まとめ

国内線

・ANA便名 ANAグループ運行便
ボーナスマイル○、国内2倍プレミアムポイント○、ANAライフタイムマイル○

・スターアライアンス便名 ANAグループ運行便
ボーナスマイル○、国内2倍プレミアムポイント○、ANAライフタイムマイル○

・ANA便名 ANAグループ運行便扱いのコードシェア運行便(IBEX,AIR DO等)
ボーナスマイル○、国内2倍プレミアムポイント○、ANAライフタイムマイル○

国際線

・ANA便名 ANAグループ運行便
ボーナスマイル○、アジア・オセアニア1.5倍プレミアムポイント○、ANAライフタイムマイル○

・スターアライアンス便名 ANAグループ運行便
ボーナスマイル○、アジア・オセアニア1.5倍プレミアムポイント○、ANAライフタイムマイル○

・ANA便名 スターアライアンス運行便
ボーナスマイル×、アジア・オセアニア1.5倍プレミアムポイント×、ANAライフタイムマイル×

・スターアライアンス便名スターアライアンス運行便
ボーナスマイル×、アジア・オセアニア1.5倍プレミアムポイント×、ANAライフタイムマイル×

その他

スターアライアンス航空会社で購入したANA便名ANAグループ運行便はどうなるのか。
→ANAに問い合わせたところ、どこで購入しても同じ扱いとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください