名古屋から福岡に帰省。往復で3800ものANAライフタイムマイルをゲット!? その秘密を公開!

筆者(夫)
「福岡に帰省したいのだけど…いい〜?」

ヨメちゃん
「帰省ぃぃ?ホントは修行じゃないのー?ಠ_ಠ」

筆者(夫)
「き…帰省だよっ!!両親に親孝行したいんだッッΣ(゚д゚lll)」

ヨメちゃん
「わかった、修行じゃないんだね…じゃあ名古屋ー福岡の直行便だよね?まさか沖縄とか経由しないよねぇ…?」

筆者(夫)
「ごめんなさぁぁい!!沖縄と北海道を経由するのが目的ですっ!帰省と言う名目の修行に行かせて下さい!!!」

ヨメちゃん
「最初からそう言えばいいのに、、、」

こんにちは。LTまいら(@mileage_fun)です。とにかく飛行機に乗りたくてしょうがない毎日です。そんな自分なので、帰省と言っても信じてもらえず修行だと思われてしまいます笑

今回もお許しが出ましたので、福岡に修行を兼ねた帰省をして来ました(^^;)

上の会話から名古屋ー福岡で3800ものANAライフタイムマイルをゲットする方法がもう公開されていますね(^-^*)

そうです。答えは経由便です。今回は筆者の実家のある福岡へ沖縄や札幌を経由して帰省するお話です。ANAでミリオンマイラーを目指しているので、とにかく飛行距離を稼ぎます。

ただし、沖縄や札幌を経由すると言ってもANAで普通に予約して、普通に沖縄や札幌を経由する訳ではありません。そんなことをするとお金がいくらあっても足らないです。本文で、とてもお得に経由する方法をご紹介します。

ミリオンマイラーについてはこちらの記事も参照にしてください。

ANAでミリオンマイラーになりたくて、このブログを始めます。

2016年10月10日

ユナイテッド航空のマイルを利用したANA国内線の特典航空券

その方法とはユナイテッド航空のマイルを利用するのです。ANAに乗るのにANAマイルじゃないの?と思われるかも知れません。

ところが、ANAマイルを使わないっていうところが逆にミソとなっています。

ANA国内線の航空券に関して、普通は1区間ごとに購入が必要です。それは現金を使ってもマイルを使っても同じです。なので、沖縄や札幌を経由すると、経由する分はその分余分にお金やマイルが必要なのです。

ところが、ユナイテッド航空のマイルを使ったANA国内線特典航空券はそうではないのです。とてもユニークな仕組みを採用しています。

そのユニークな仕組みとは発券するマイル数を決定するのは出発地と到着地のみで経由地は関係なしというものです。

どういうことかイメージするために、下に発券例を用意しました。

発券例:必要マイル数は全て5000マイル
■名古屋(出発地)ー北九州(到着地)
■名古屋(出発地)ー沖縄(経由地)ー北九州(到着地)
■名古屋(出発地)ー沖縄(経由地)ー羽田(経由地)ー北九州(到着地)

上の3つは全て5000マイルで発券出来ます。直行便で飛んでも沖縄などを経由しても同じ5000マイルです。さらには経由地は1つとは限らず、2つや3つも可能です。経由地はユナイテッド航空が提示してくるので、その中から1番距離を稼げるものを選ぶのがポイントです。

もう一つポイントがあります。今回の例でいうと名古屋から福岡に行くにあたって、北九州を選んでいることです。1番いいのは名古屋ー沖縄ー羽田ー福岡などが選べることなのですが、実際には名古屋ー沖縄ー福岡や名古屋ー札幌ー福岡などが最長路線となります。名古屋ー沖縄ー羽田ー福岡はあいにく選択肢に出てきません。

北九州であれば、名古屋ー沖縄ー羽田ー北九州を選ぶことが出来き、ライフタイムマイルを大きく増やせます。

出発地と到着地の組み合わせによって、大きく距離の稼げる路線とそうでない路線があります。名古屋ー大分などは基本直行便しか出てこないので、距離の稼げない路線の例となります。

今回はユナイテッド航空のマイルを利用して以下のように往路と復路を発券しました。片道5000マイル、往復で10000マイルです。

《予約便》
往路
NH3769 名古屋14:50 沖縄17:20
NH374 沖縄18:20 羽田20:40
NH3893 羽田22:00 北九州23:50

復路
NH289 福岡11:50 札幌14:05
NH712 札幌17:25 名古屋19:20


■ユナイテッド航空のマイルを使ったANA特典航空券国内線の必要マイル数は出発地と到着地のみで計算します。言い換えると、経由便と直行便で必要マイル数が同じです。
■出発地と到着地によって距離の稼げる組み合わせとそうでない組み合わせがあります。

ユナイテッド航空のマイルを利用した福岡帰省

名古屋ー沖縄

実際にユナイテッド航空のマイルを利用してANA国内線に乗ってきましたので、レポートしたいと思います。

先ほどの予約便を見て下さい。北九州に23:50着です。北九州に夕方には着きたいので、全ての便を前倒しします。

希望便であるNH307はANAホームページで満席表示だったのですが、当日のセントレアチェックインカウンターで前倒し出来ました。残りの2つは前便が空いていませんでした(T^T)
那覇と羽田で空席待ちをかけます。

《変更後》
NH3769 名古屋14:50 沖縄17:20
NH307 名古屋8:40 那覇11:05
ANA国際線特典航空券の国内区間の前倒しとは?
前便に空席があれば前倒し可能。前の便に乗れるのです。空席がない場合は、空席待ちをかけます。空席が出れば乗れる。出なければもとの便に乗ることになります。
ユナイテッド航空のマイルを使ったANA国内線の特典航空券は国際線扱いの特典航空券となります。なので、ANA国際線特典航空券のルールが適用されます。

前便前倒しについてはこちらの記事で体験記を詳しく書いてます。

ユナイテッド航空のマイルを利用して、4日間でANA国内線12連続フライトに挑戦!前便振替をフル活用。

2019年12月7日

沖縄へのANA便に乗り込みます。満席のため、窓ぎわゲットならず(T^T)

2-3-2配列のB767-300です。名古屋発は空いていることが多い気がしますが、この日は満席でした。

ANA機内販売の時計。かっこいい。凄く欲しいです。

沖縄ー羽田

11:05ごろに無事に那覇到着。空席待ちカウンターに行きました。

《変更後》
NH374 沖縄18:20 羽田20:40
NH462 沖縄11:25 羽田13:45

チケットを発券してもらいすぐに搭乗口へ。那覇滞在時間わずか10分(^^;)

ついでに北九州便も前倒ししてもらいました。最後の1席だったようで、ラッキーです。

《変更後》
NH3893 羽田22:00 北九州23:50
NH3883 羽田15:30 北九州17:15

羽田空港に着陸すると沖縄乗り継ぎのお客様の呼び出しがありました。沖縄ー羽田ー沖縄と修行している方がいらっしゃったようです。「羽田に着いたばかりなのに今から沖縄?」と周りはザワザワするのかなと思っていましたが、そうでもなかったです。修行は認知されつつあるのかな?

今回も全て前便振替大丈夫でした。ただし、那覇でご飯を食べる時間を取れなかったので、お腹がとても空いてしまいました。羽田でつけ麺を食べるのが楽しみです。

羽田空港第1ターミナルの大勝軒 (たいしょうけん)さんです。つけ麺を大盛りであつもりをいただきました。大満足です。クレジットカードは使えませんが、Suicaが使えました。

羽田ー北九州

第1ターミナルのスターフライヤーのカウンター

羽田ー北九州便では隣に人がいませんでした。かなーり快適です(^-^*)

往路は3便とも通路側のお座席。本当は窓側に座りたいのですが、全て満席の前便に滑り込んでるのでやむなしです。スターフライヤー便では機内放送のWFSという福岡を面白おかしく取り上げた番組が楽しみにしています。チェックしてみると、国際線のみの番組になっていて少しがっかりです。

スターフライヤーと言えば、青森で有名なJAアオレンさんのストレートのリンゴジュース。しかも防腐剤であるビタミンCを使用していません。密閉絞りです。これは飲んでおかないと損ですよ!

北九州ー福岡

北九州空港到着。小倉駅を経由して博多駅を目指します。北九州空港の発着に合わせて、小倉駅行きのバスが待機してくれています。バスはSuica(710円)で乗れるので便利でした。

金券ショップで小倉ー博多駅の特急券を購入。1450円でした。

金券ショップ価格
新幹線:15分で1980円
JR特急:50分で1450円
高速バス:90分て950円
小倉駅から博多駅に移動する場合、小倉駅南側のアーケード街に金券ショップがあるので、そこで格安チケットを購入するのがお得です。

筆者はこの中では特急が1番コストパフォーマンスがいいかなと感じてます。特急ソニックは快適でした。

博多駅到着。イルミネーションがきれいでした。

福岡 2泊

博多駅で旧友と合流し、天ぷらのひらおへ。全席カウンタースタイルになっていて、揚げたてを頂けます。お値段も安い!定食は690円からあります。名古屋でカウンタースタイルのお店に入ると3000円はするので、とてもお得です。

続いて九州でお馴染みのジョイフル。学生の頃は良く利用していました。苺のパンナコッタを頬張る40手前のおじさんです(^^;) 旧友はドリングバーを頼んでいました。

翌日の昼食は両親とうどんを食べに行きました。ウエストに行きます。ウエストとは福岡に拠点を構えるうどんのチェーン店です。

ごぼう天うどんを食べました。ばりうまです。こしのつよい讃岐うどんも美味しいけど、腰のない博多うどんもよかですよ。

今回はウエストに行きましたが、いつも両親とは大正茶屋という太宰府天満宮近くのうどん屋さんに行っています。その大正茶屋は今回帰省した2019年11月は立ち退きのため、閉店していました。大正茶屋に関する情報がなく、復活することを切に願います。

続いて太宰府天満宮へ。直ぐ近くにある竈門(かまど)神社に行くのも流行っているようでした。

天開稲荷大明神という神社にもお参りしてきました。太宰府天満宮と繋がっています。

お参りを済ませ、梅ヶ枝餅をいただくことにしました。傘の家が有名ですが、通り沿いにあった松月というお店へ。雰囲気が良く、あたりのお店でした。不老松月本店↓

よき(^-^*)

美味しそーですよね(ノ^^)ノ。美味しかったです。こちらの梅ヶ枝餅、なんと古代米を使っているのです。写真では分かりづらいのですが、お餅が紫色をしています。この古代米を使った紫色の梅ヶ枝餅は月に1度(17日限定)しか食べることは出来ません。ラッキーでした。

限定の梅ヶ枝餅は2種類あります。
きゅーはくの日(17日):古代米の梅ヶ枝餅
天神さまの日(25日):ヨモギの梅ヶ枝餅

梅ヶ枝餅と抹茶のセットは600円でした。梅ヶ枝餅は焼きたてのパリッパリがとても美味しいと思います。ぜひ焼きたてを食べてみて下さい。

お土産の梅ヶ枝餅5個を両親に買ってもらいました。

夜ごはんは母親の作ってくれた水炊きを。7年ぶりに母の作った晩御飯をいただきました。美味しかったです。福岡では水炊きが郷土料理です。

リョーユーパンのヤキリンゴ。スーパーで見かけ、懐かしくて購入。子供のころ、大好物でよく食べていました。

福岡ー札幌

実家に2泊した後は名古屋へ戻ります。福岡空港に送ってもらい、札幌行きの便を発券しました。福岡ー札幌ー名古屋と移動します。

《元々予約していた便》
NH289 福岡11:50 札幌14:05
NH712 札幌17:25 名古屋19:20

福岡空港をANAで利用するのは13年ぶりです。就職活動でANAを使って福岡ー名古屋と移動したのが、懐かしい記憶です。そのころ利用していた福岡空港と今の福岡空港は全く違う空港になっています。

勝手が分からず、チェックインカウンターを探すのに苦労しました。1階にはプレミアムカウンター以外のカウンターがあります。プレミアムカウンターは2階にあります。

福岡ー札幌は1日1便なので、前便振替は出来ません。札幌ー名古屋は前倒し可能だったので、行ってもらいました。札幌便も名古屋便も窓側ゲットです。

《変更後》
NH289 福岡11:50 札幌14:05
NH712 札幌17:25 名古屋19:20
NH710 札幌15:20 名古屋17:15

乗り込んでみると塗装がオリンピック2020の機体でうれしかったです。

座席もオリンピック仕様(^-^)

雨が降ってましたが、機窓はいいですね。

北海道上空。11月はもう雪が積もっています。

札幌上空です。もう少しで到着します。

札幌ー名古屋

札幌到着。羽田空港や那覇空港のように到着ゲートと出発ゲートが繋がっているわけではありません。

札幌到着後は1度外に出て、再度保安検査を受けて出発ゲートに向かわなければならないように思えますが、係員に相談すると手動で中に入れてくれます。1度外に出る必要は無いので、気をつけましょう。

札幌到着後、乗り継ぎ便のため、直接検査エリアに入りたい場合は地上係員に申し出ましょう。

満席の機内に乗り込みます。ものすごく機内がゆれましたが、なんとか安定飛行になり、名古屋へ向かいます。

名古屋到着。ユナイテッド航空のマイルを利用した帰省という名の修行も無事に終了です。

ANAライフタイムマイル

今回追加されたライフタイム(LT)マイルの記録です。

航空会社 便名 出発空港 到着空港 区間マイル LTマイル
ANA NH307 名古屋 沖縄 809 255971
ANA NH462 沖縄 羽田 984 256955
SFJ NH3883 羽田 北九州 534 257489
ANA NH289 福岡 札幌 882 258371
ANA WINGS NH710 札幌 名古屋 614 258985

合計3823LTマイルが加算されて258985LTマイルになりました。

感想

名古屋ー福岡の単純往復だと748LTマイルが貯まります。今回は3823LTマイルが貯まりましたので、5倍です。沖縄や札幌を経由する威力は凄いですね。

直行便でも経由便でも必要なユナイテッド航空のマイルは往復で1万マイルです。筆者のようにLTマイルを貯めたい場合や経由地に少しよってみたい場合(24時間以内)は、経由便がお得です。

反対に、現地にいる時間を最大限確保したいときは直行便がおすすめです。ケースバイケースで選べるので、ユナイテッド航空のマイルは凄いです。

ユナイテッド航空のマイルを利用するようになって帰省でもLTマイルがざくざく貯まるようになってうれしいです。LTマイルを貯めたい場合、ユナイテッド航空のマイルは最高の相棒となるでしょう。

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください