海外旅行中にレンタカーでトラブルを起こしてしまいました。

PEIでレンタカーを牽引

夏休みを利用して夫婦2人でプリンスエドワード島(PEI)に行ってきました。PEIではレンタカーを借り、赤毛のアンゆかりの地めぐりをしたり、灯台まで行ってみたりと楽しんでいました。

ところが、問題を起こしてしまいました。レンタカーをシャーロットタウンに返す帰路での出来事でした。イーストポイントライトハウスという灯台を楽しんだ後、ドライブをしていると風車があったのです。風車の写真を撮りたくて路肩に止めようとしました。

そのとき、路肩の芝生に前輪を取られてしまい、引きずり落ちそうになりました。底までは落ちずに途中で止まったのですが、自力では這い上がれず(>_<)

横からみるとこんな感じです。

前からみた感じ。

撮りたかった風車はこれです(^_^;)。

走行不能になってすぐのことです。通りかかった車の運転手が「大丈夫か?怪我はないか?何か助けは必要ないか?」と声をかけてくださました。大変ありがたいと感じました。

カナダの緊急連絡先に電話をしてくださり、「レッカーが90分ほどで来るよ。気をつけてね。」とかっこよく去っていきました。じーんと感動しているとすぐに別の車が通りかかりました。同じように「大丈夫?けがはないか?」と声をかけてくれるのです。「ありがとうございます。事故ではなく、タイヤがスタックしただけです。レッカーを呼んでいるので大丈夫ですよ。」というやりとりをしました。

その後も、車が通りかかり2時間ほどの間におそらく何十名もの方が心配して声をかけてくださいました。途中でスコールが降ってきたのですが、土砂降りの中、傘も指さずに大丈夫か?と心配してやってきてくれる方もいました。おすそ分けのリンゴジュースをくれる方もいたりと旅先での人の温かみに感動を覚えました。

そうこうするうちにレッカー車がやってきてくれました。

レッカー車です。レッカー車が来るまで結構恐怖でした。「無事に帰れるだろうか?」「レンタカー本当に来てもらえるのか?」「高額の牽引代請求されたらどうしよう?」「飛行機は翌日に乗るので助かった~。」などいろいろと考えが頭の中をグルグルまわりました。

レンタカーの左車輪にロープをつけます。

無事に車道に戻してもらいました。

車輪の後が生々しいです。

プリンスエドワード島の緊急連絡先

緊急連絡先を載せておきますので、同じようにトラブった方は参考にして下さい。

緊急通報(警察,消防,救急車)
【電話】911

シャーロットタウン市警察
【電話】902-629-4172
【住所】10, Kirkwood Drive, Charlottetown,
Prince-Edward Island, C1A 2T3

オタワの日本大使館
【電話】613-241-8541
【住所】255 Sussex Drive, Ottawa, Ontario,
K1N 9E6

感想

芝生にはまってしまいましたが、多くの方に助けてもらい人の優しさを感じることが出来ました。ありがとうございます。また、迷惑をかけてしまい申し訳なく思いました。

車自体には傷は入っていないので問題ないのですが、牽引代34000円が痛いです(T_T)。クレジットカードの保険で対応出来ないかアメックスに問い合わせたところ、対応範囲外とのことでした。何が起こるか分からないので保険は大事だと思いました。

最後に、この日はシャーロットタウンにレンタカーを返す前にロブスターを食べる予定だったのです。プリンスエドワード島といえばロブスターです。ですが、トラブルのごたごたのおかげで食べ損ないました。一度は食べておきたかったので、ショックが大きいです。次にPEIに来るときは絶対にロブスターを食べたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください