PEIの玄関口、シャーロットタウン空港の深夜早朝便を利用しました。

シャーロットタウン空港 深夜早朝便

シャーロットタウンに深夜1時ごろ到着しました。羽田→バンクーバー→トロント→シャーロットタウンとかなりの長旅でした。

ここシャーロットタウンのあるプリンスエドワード島が今回のカナダ旅行最大の目的地です。

飛行機を降りて空港に向かいます。

荷物を受け取りました。「カナダ連邦結成の誕生地、シャーロットタウンへようこそ」とあります。

空港→ダウンタウンへ

深夜なのでダウンタウンへのバスはありません。

空港からダウンタウンまでは8km以上離れているのでタクシーがつかまらないと困ります。

空港に到着時5、6台待機していたタクシーは全てお客を乗せていってしまいました。5、6台待機していたということは待っていればお客を降ろして戻ってくるかなと思い、タクシー乗り場で待つことにしました。

15分程待っていると、タクシーがやって来ました。深夜1時過ぎにも関わらずタクシーが利用できたのでよかったです。

ダウンタウンまでカード手数料を加えて20.5ドルでした。カード手数料は1.5ドルかかったので現金で払った方が良かったと後から思いました。

ダウンタウン→空港へ

プリンスエドワード島の観光を終え、シャーロットタウン空港に向かいます。早朝6:30のフライトだったため、朝4:40起きです。かなり眠かったです。

ホテルが用意してくれたタクシーに乗りこみます。空港まで現金で19ドルでした。今度こそ現金払いです。

スターアライアンスゴールド特典のビジネスクラスチェックインを利用しました。

軽食店がありました。早朝から開いています。

空港にはレンタカーの支店等もあります。

売店です。お店等は以上です。非常に小さな空港です。

エアカナダです。次の目的地はモントリオールです。ストップオーバーを利用して旅行します。

エアカナダエコノミーの機内の様子です。エアカナダの国内線エコノミーで驚いたのはブランケットが有料だったということです。

いつものようにCAさんに「ブランケット下さい。」と訪ねると「ブランケットは有料ですよ、OK?」と言われ驚きました。無料で提供してもらえることはありがたいことなんだなと思うようになりました。

感想

今回はANAの特典航空券を利用してエアカナダの国内線を予約したのですが、到着は深夜、出発は早朝と大変な旅行になってしまいました。

そして、深夜利用だったのでタクシーが利用できるか心配でしたが、無事に利用できて良かったです。タクシーはクレジットカードの手数料が高いので現金の方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください