ドイツ&オーストリアへ夫婦2人の個人旅行 ~本場のクリスマスマーケット&オーケストラを求めて♪♪~

一年前のある日のこと
ヨメちゃん
「ドイツのオーケストラを聴きに行きたいな♪」

LTまいら
「OK。ドイツのクリスマスマーケットとオーケストラを見に行く旅行を組んでみるね
(*^^)v。」
(旅行の計画やチケットの発券は筆者の役割です。ヨメちゃんは荷作りをしてくれます。)

ヨメちゃん
「楽しみ〜o(^o^)o」

こんにちは。LTまいら(@mileage_fun)です。その後、一年が経ち準備を万全に整え、念願のドイツ&オーストリア旅行に行って来ました。

個別記事は別途書いていく予定ですが、ざっと旅行の全体をまとめてみました。同じように冬のドイツ・オーストリア旅行に行かれる方の参考になれば幸いです。特にクリスマスマーケットやコンサートについて調べている方は参考になると思います。

旅行の計画

冬のドイツの楽しみの一つに、クリスマスマーケットやオーケストラがありますよね。

旅行計画:オーケストラ編

オーケストラについて。どうやらベルリンのジルヴェスターコンサート&ウィーンのニューイヤーコンサートというのが年末年始の一大イベントのようです。

コンサートの日程
ジルヴェスターコンサート(ベルリンフィル)
12月29日〜31日
ニューイヤーコンサート(ウィーンフィル)
12月30日〜31日、1月1日

コンサートの日程から年末のベルリン滞在は必須です。
そして、12月30日〜1月1日のいずれかの日にウイーンに移動する必要があります。

旅行計画:クリスマスマーケット編

ドイツ中至るところでクリスマスマーケットが行われています。特にニュルンベルク、ドレスデン、シュツットガルトは3大クリスマスマーケットと言われているようで、どれか一つは必ず行きたいと思います。
また、ベルリンやウィーンでもクリスマスマーケットは行われています。

ドイツ3大クリスマスマーケット
・ニュルンベルク
・ドレスデン
・シュツットガルト

上記に加え、ANA直行便があることが決め手でミュンヘンのクリスマスマーケットも見に行くことにしました。ミュンヘンから日帰り可能なニュルンベルクのクリスマスマーケットにも行きます。

今回の旅行で訪れるクリスマスマーケットは以下に決定です。
・ミュンヘン
・ニュルンベルク
・ベルリン
・ウィーン

次に調べないといけないのはクリスマスマーケットの開催期間です。特に24日が重要な日付で、クリスマス前日にはクリスマスマーケットが終わってしまう都市が多いです。

ドイツのクリスマスマーケットはクリスマスの前日24日の昼に終わるところが多いです。なので、夜のクリスマスを楽しめるのは23日までとなるので予定を立てる際は気をつけましょう。
クリスマスマーケットの開催期間(2019年度)
ミュンヘン→11月27日〜12月24日14:00
ニュルンベルク→11月29日〜12月24日14:00
ベルリン→11月26日〜12月31日(ジャンダルメン広場)
ウィーン→11月15日〜1月16日(市庁舎前広場)

23日にはミュンヘン入りしないといけない(出来れば22日)ことが分かります。その後ベルリン、ウィーンと移動することで全てのクリスマスマーケットを見れそうです。嬉しいことにジルベスターコンサート、ニューイヤーコンサートの日程ともマッチします。

旅行計画:航空券編

今回の旅行ではANA便エコノミーの有償チケットを購入するというのがポイントでした。キャンペーン適用でプレエコ(プレミアムエコノミー)席をゲット出来るからです。

SFC特典によるプレエコへの無料アップグレードキャンペーン
《2019年10月〜2020年3月搭乗分》
SFC・プラチナ・ダイヤモンド会員はエコノミーからプレエコへ無料アップグレードしてもらえるキャンペーン。特典航空券は対象外です。

上記のキャンペーンを最後にプレエコへの無料アップグレードは終了します。

コストを抑えるため、スカイコインを使います。スカイコインを使いやすいANA直行便のある都市の中からミュンヘンとウィーンを選びました。

1マイル=1.6スカイコインに変換出来るため、使いようによってはスカイコインはお得だと思います。さらに、特典航空券と違い、搭乗マイルももらえます。

航空券:ANAエコノミー
往路:名古屋ー羽田ーミュンヘン
復路:ウィーンー羽田ー名古屋

フランクフルトINではなく、ミュンヘンINとしたのはクリスマスマーケットの関係もありますが、航空券の関係もありました。

プレエコの無料アップグレードは空席がある場合に限りです。フランクフルトはビジネス路線でもありますので、空席は少ないだろうと思いました。また、フランクフルトはANAダイヤモンド会員が沢山乗ってそうです。フランクフルトだと我が家までプレエコが落ちて来そうにないと判断し、ミュンヘンです(^^;)

旅行計画:完成編

ミュンヘン5泊
・クリスマスマーケット
・レジデンツのコンサート
・ニュルンベルクのクリスマスマーケット日帰り
・冬のノイシュヴァンシュタイン城日帰り
・バームクーヘン、白ウィンナーを食べる

ベルリン4泊
・ジルヴェスターコンサート
・クリスマスマーケット

ウィーン3泊
・ニューイヤーコンサート
チケットが入手出来ませんでした(T_T)
・クリスマスマーケット
・ザッハトルテを食べる

ウィーンフィルハーモニーのチケットが入手出来ない(抽選モレ)ということになりましたが、それ以外は完璧なプランが出来上がりました(^^)/

ニューイヤーコンサートの正規価格(300ユーロ~1000ユーロぐらい)チケットって取れるのでしょうか?正規価格でもものすごく高く感じる上に、チケット入手自体が筆者には無理ゲーのように感じます。でも、いつの日か行ってみたいです。

旅行のレポート

名古屋→羽田→ミュンヘン

羽田→ミュンヘンがエコノミーからプレミアムエコノミーへアップグレードされました。筆者の読みが当たったのか、ミュンヘン線はプレエコ席がガラガラでした。結果、我が家までプレエコ落ちてきました。

快適♪ プレエコはビジネスと同じスイーツをいただけます。

ミュンヘン

ミュンヘン空港に到着。空港を出ると外はクリスマスマーケットになっていて、ドイツに来たなぁって感じでした。

こちらはミュンヘン旧市街地のクリスマスマーケット。

マリエン広場の新市庁舎前が一番盛り上がっていました。

白ウィンナーを食べにビアホールへ。こちらはミュンヘンで1番有名だというホーフブロイハウスです。凄い人であふれかえっていました。中央ではときとぎ生演奏が行われていたりと、大盛り上がり。そして、初めて食べる白ウィンナーの美味しさに感動です。

クリスマスはレジデンツ礼拝堂でのコンサートを楽しみました。3人の奏者によるコンサートで、教会で奏でられる音楽にうっとりとしました。クリスマスはお店がほぼ開いていないのでコンサートはおすすめだと思います。

本場ドイツのバームクーヘンを食べにカフェクロイツカムへ。ドイツではバームクーヘンを縦に包丁を入れるのではなく、下の写真のように薄切りにして食べます。食感が新鮮で美味しいです。

予定していた冬のノイシュバンシュタイン城見学は、雨のため中止にしました。次回晴れれば、雪化粧したノイシュバンシュタイン城を見に行きたいです。

ホテルにおいては「部屋にタオルがある!部屋にシャワーがある!」とヨメちゃんが喜んでいました笑
いつもごめんね。安いホステルばかりとって。ですが、今回も安いホテルに泊まりました(^^;)。泊まったホテルはこちら

ニュルンベルク

世界一有名なクリスマスマーケットがあるというニュルンベルクへ行って来ました。

クリスマスマーケットの前に腹ごしらえのため、ブラートブルストホイスレという名のレストランへ。ニュルンベルガー(ニュルンベルクのソーセージ)を頂きます。ハート型の器が可愛いです。

クリスマスマーケットへ。ライトアップが美しいですね。

ベルリン

クリスマスマーケットへ。ミュンヘン、ニュルンベルクとはまた違った雰囲気です。どこか都会的な感じです。

ソーセージが旨い。ドイツソーセージは屋台で食べても美味しいですね!

続いてドイツチョコの話題。ミルカ、リッター、メルシーとドイツチョコレートのお土産を沢山購入しました。

スイスチョコのリンツもお得。リンドールを大人買い♪日本価格の1/3です(^-^)

ベルリンのドナーケバブ。パンの間にこれでもかというぐらい野菜とお肉が入ってます。お気に入りの食べ物です(^-^*)

ベルリンの信号機、アルペンマンのショップに行って来ました。

ベルリンの壁。ブレジネフ(ソ連最高指導者_右)とホーネッカ(東ドイツの国家評議会議長_左)のキス。有名な絵ですね。

みんなこの絵を見に来ていて、実は下の写真のような状態です。苦労して上の写真を撮りました(^^;)

続いて今回の旅行のメインイベントです。

ベルリンフィルハーモニー 20:00〜22:00
キリル・ペトレンコ指揮
ソプラノ;ディアナ・ダムラウ
【プログラム】
ガーシュウィン;パリのアメリカ人
バーンスタイン;ウェスト・サイド・ストーリーより、シンフォニック・ダンス
カール・レーヴェやコール・ポーターなどの歌曲

人生初のオーケストラを聴きに行って来ました。ジルベスターコンサート♪

最高、感動です!躍動感あふれるコンサートでした。当たり前かも知れませんが、テレビやCDとはわけがちがいますね。会場との一体感、臨場感がすごいです。チケットは1人2万弱とお値段張りましたが、これは行けて良かった。

ベルリン寒かったけど、心温まる音楽にほっこりです。指揮者のキリル・ペトレンコさんの表現・表情に癒されましたし、歌手のディアナ・ダムラウさんの歌も良かったです(^-^)

ウィーン

ウィーンはもともとニューイヤーコンサート目当てでしたが、ニューイヤーコンサートのチケットの抽選当選ならず(T^T)

飛行機を1年前に抑えてあるので、それでもウィーンに行きます。クリスマスマーケットめぐりやカフェ・ザッハーなどに行きました。

カフェ・ザッハー。とってもお洒落です。

ザッハトルテをホイップクリームとともにいただきます。甘すぎないホイップクリームがザッハトルテに絶妙にマッチします。ホイップクリーム付きはマストだと思います。

ホイップクリーム無し 5.7ユーロ
ホイップクリーム付き 7.5ユーロ

ウィーンのクリスマスマーケット。市庁舎前の広場が凄いことになってました。とにかく人、人、人でした。

これにて、長いようで短かったドイツ&オーストリア旅行も終了です。楽しかったぁ。ウィーン国際空港から日本へ戻ります。

ウィーン→羽田→名古屋

チェッイン後にSFC特典を利用して、ウィーン国際空港のラウンジへ。食べ物美味しかったです。

往路と同じく復路(ウィーン→羽田)もエコノミーからプレエコに無料アップグレードされました。LTまいら夫婦は、今回の搭乗がSFCによる最後の無料プレエコとなります。

直行便は楽でいいですね♪プレエコを堪能します。

羽田空港到着。デッキに出てみると2週間ぶりの太陽に目がやられそうでした。ドイツもオーストリアも太陽が殆ど出なかったので、日本の太陽眩しいと感じました。なにはともあれ、ただいまです。にっぽんへ帰ってきたよー!

旅行中のネット環境

今回の旅行からSIMフリーWi-Fi端末&アマゾンで購入したSIMカードというネット環境を導入しました。これまでの旅行では、現地SIMカードを筆者が購入し、筆者のSIMロック解除端末にSIMを入れ、テザリングを行いヨメちゃんとネットを共有していました。

しかし、だんだんと不便に感じるようになり今回のように変えました。

現地SIMカードとテザリングの不便な点
・現地SIMカードを入手し、設定するのに時間がかかる。見つからなくて隣町まで探しに行ったこともあります。
・iphoneのテザリングはすぐに切れる。何度もテザリングの再設定をするのは面倒です。

ドブロヴニクでプリペイドSIMカードを入手するのに苦労した話

2019年1月9日

今回の旅行で使用したSIMフリーWi-FI端末とSIMカードをご紹介します。

■SIMフリーWi-FI端末(GlocalMe)
2020年現在時点で最強のSIMフリー端末だと思います。世界各国の周波数域に対応しています。各国の周波数域は旅行前に事前に調べて、端末が対応しているか確認必須です。

今回旅行したドイツとオーストリアの3G企画の周波数域はBand1です。GlocalMe端末は問題なくBand1に対応しています。

■SIMカード(Three)
大体のヨーロッパ各国で使えます。SIMカードが12GBとたっぷりと容量があって良かったです。メリットは容量が多く安いこと。デメリットはドイツ等では4G(LTE)が使えなく、3G接続になるという点です。4Gが使えるより沢山使いたいという方にはおすすめ。今回はドイツ、チェコ、オーストリアで問題なく使えました。設定を変える必要もなく、その国・その地方で使えるネット通信に自動的に切り替わり、とても便利でした。

旅費(夫婦2人分)

お土産や食費を除く旅費を計算してみました。

※1ユーロ125円 (2019年12月時点)

項目 費用
ANA航空券 27万スカイコイン
≒17万マイル
SIMカード(Three)
30日12GB
2100円
ミュンヘン5泊
HOTEL DOLOMIT
27451円
ベルリン4泊
ARTE LUISE KUNST HOTEL
27011円
ウィーン3泊
HOTEL LEHRERHAUS
34787円
FLIXバス
ミュンヘン→ベルリン
9630円
FLIXバス
ベルリン→ウィーン
9080円
ミュンヘン電車 7084円
ベルリン電車 3151円
ウィーン電車 3049円
ミュンヘン
レジデンツ礼拝堂コンサート
8614円
ベルリン
ジルヴェスターコンサート
39057円
ベルリンX’マスマーケット 250円

合計で17万ANAマイルと171264円でした。ホテルはキャーンペーン(ライントラベル20%還元)を利用して取ってますので、実質の旅費はもう少し安くなります。クリスマス&年末年始の旅行にしては、安く旅行できた方ではないかと思います。

ANAライフタイムマイル

欧州往復なので、大体12000LTマイル貯まるのがいいですね。

航空会社 クラス 出発空港 到着空港 区間マイル LTマイル
ANA WINGS 名古屋 羽田 193 259178
ANA PY 羽田 ミュンヘン 5866 265044
ANA PY ウィーン 羽田 5699 270743
ANA 羽田 名古屋 193 270936

合計で11951LTマイルが貯まり、270936LTマイルとなりました。目指せ、ANAでミリオンマイラー!!

感想

コンサート
ミュンヘンのコンサートも良かったですが、ベルリンフィルハーモニーが特に最高でした。音楽を聴いて鳥肌が立ったのは生まれて初めてです。また聴きに行きたいです。ニューイヤーコンサートは取れず悔しい思いをしましたが、ウィーンフィルハーモニーにおいては時期を変えてウィーンに聴きに行こうと思います。

クリスマスマーケット
ミュンヘン、ニュルンベルク、ベルリン、ウィーンのクリスマスマーケットめぐりをしましたが、どれも特徴的で面白かったです。
マーケットの楽しかった順番
ベルリン>>ミュンヘン=ニュルンベルク>ウィーン
ベルリンが雰囲気良し、屋台よしで特に楽しかったです。

ANA航空券
SFC特典の中でも一番の特典は無料プレエコだったと思います。2019年度を持ってして廃止になるのが残念です。2016年にSFCを取得して依頼、この4年間エコノミー発券からの無料プレエコを堪能させていただきました。我が家はプレエコハンターだったと思います。ANAさん、今までプレエコをありがとうございました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。読者の皆さんのお役に立てていれば、幸いです。

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください