コンデジ1つで挑むオーロラ撮影。富士フイルムX70が写し出す光のカーテンは驚くほど美しい!

LTまいら
コンデジでオーロラ撮ってきたよ。
マイルのまいちゃん
コンデジで!オーロラ撮影には一眼レフカメラが必要なんじゃないの?
LTまいら
最近のコンデジは高性能なので、オーロラだってきれいに撮れてしまうんだよ。
マイルのまいちゃん
そうなんだ。凄い時代になったね。

こんにちは。LTまいら(@mileage_fun)です。

X70という非常に小さなカメラでオーロラ撮影を行ってきました。X70で撮影を楽しんできましたので、レポートしたいと思います。

富士フイルムX70でオーロラ撮影

X70は軽くて旅行に最適

オーロラ撮影に最低限必要なのはカメラと三脚のみ。以外と用意するものはシンプルです。

カバンやポケットからサッと出して気軽に撮れるX70(総重量340g)は旅行に最適です。

マイルのまいちゃん
大きなカメラ持って旅行するのは大変そうだね。
LTまいら
軽くてきれいに撮れるX70は旅行にぴったりなんだ。
マイルのまいちゃん
でも、それコンデジだよね?
LTまいら
またまた(^^;)
今のコンデジは一眼レフカメラに匹敵するぐらいきれいに写真を撮れるんだよ。

X70でオーロラが撮れるのか?

X70はAPS-Cセンサーという非常に大きなセンサーと搭載しており、レンズもF2.8という明るめのレンズを使用しております。

高感度耐性も優れており、オーロラを撮影するにおいて、何らミラーレスに引けを取りません。

■富士フイルム X70(画角28mm固定、APS-Cセンサー)

オーロラ撮影に最適なその他のコンデジ

画角28mm以下、マイクロフォーサーズセンサー以上の大型センサーを搭載している機種で選びました。

いわゆる高級コンデジと呼ばれていて、価格は8万ぐらいはしますが、画質は指折りです。

■リコー GRⅢ(画角28mm固定、APS-Cセンサー)

■キャノン G1X MarkⅢ(画角24〜72mm、APS-Cセンサー)

■LX100M2(画角24〜75mm、マイクロフォーサーズセンサー)

マイルのまいちゃん
各社で色々出してきているね。

フィンランドのラップランドでオーロラ撮影

準備するもの

■アプリ:
事前にオーロラアプリをスマホにダウンロードしておくと便利です。オーロラの光の強さを確認でき、オーロラ観測が出来るかどうかの目安が分かります。

■三脚:
シャッタースピードを10秒以上にしますので、三脚は必須です。

耐荷重1.5kgなのに、たった750gしかないこちらの三脚が旅行におすすめ。

■レリーズ:
シャッターボタンを押す瞬間に手ブレしますので、レリーズがあると便利です。なくても2秒タイマーで代用出来ます。

〜準備が整い現地入りしたら〜

現地入りしたら、アプリでオーロラの強さをチェック。天気予報を見て、晴れていれば完璧です。3日に1回ぐらいの確率でオーロラは観測出来ると言われています。

LTまいら
4泊して、実際に見れたのは最後の1日だけだったよ。
マイルのまいちゃん
そんなに確率低いんだ。4泊もして見れなかったら悔しいね(>_<)

カメラの設定

  • シャッター速度(10秒〜15秒)
  • ISO800〜1600ぐらい
  • F値は解放で。出来れば2.8以下
  • フォーカスポイントはマニュアルフォーカスで無限遠に設定

普段オートで撮影されている方は設定に戸惑うと思いますが、頑張りましょう。オートではきれいには取れないので、マニュアルで撮影する必要があります。

シャッター速度10秒はダイヤルをタイム撮影に合わせ設定します。設定後、カメラには10″と表示されます。

LTまいら
オーロラを撮る前日までに、マニュアル撮影で星を撮る練習をしておいた方がいいよ。

X70で写す光のカーテン

オーロラ撮影に選んだ場所はフィンランドのロブァニエミです。オーロラが出る前に撮影の準備を始めます。

三脚をセットし、オートで撮影してみました。


<画角28mm/絞り値 f5/露出時間 5.3秒/ISO800>

空にうっすらとオーロラが見えてきました。マニュアルモードで撮影します。広角28mmですが、もう少し広いほうがいいかも知れません。


<画角28mm/絞り値 f2.8/露出時間 15秒/ISO1000>

強い光のオーロラもカメラでとらえました。はっきりとオーロラであることが分かります。


<画角28mm/絞り値 f2.8/露出時間 15秒/ISO1000>

1回だけ起きたオーロラ爆発の瞬間です。肉眼で見てもこのような強い光でした。ほんの数10秒の出来事で、慌てて上空にカメラをセットです。


<画角28mm/絞り値 f2.8/露出時間 15秒/ISO1000>

明るいレンズと大きなセンサーのおかげで、きれいなオーロラをとらえています。肉眼で見たオーロラのようにとてもきれいです。


<画角28mm/絞り値 f2.8/露出時間 15秒/ISO1000/焦点距離27mm>

最後は消えていくオーロラを撮影して、観測を終了しました。


<画角28mm/絞り値 f2.8/露出時間 15秒/ISO1000>

さいごに

X70で見事にオーロラをとらえました。X70は普段の旅行に、ここぞという撮影におすすめのカメラです(オートフォーカスの弱さや手ブレ補正がないなど、使う人を選びます(^^;))。

事前に自宅のベランダから星空撮影の練習をしておけば、オーロラ撮影はそんなには難しくないです。

お気に入りのカメラをもって、オーロラ撮影を楽しもう!

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください