富士フイルムX70で函館山の夜景撮影。完全オートでキレイに撮れるのか?を検証してきました。

LTまいら
愛機X70を持って夜景撮影に行って来たよ。
マイルのまいちゃん
どこに行って来たの?
LTまいら
函館山の夜景だよ。日本三大夜景の一つなんだ。
マイルのまいちゃん
わぁ。それは凄いね。撮影の腕がなるね(^^)

こんにちは。LTまいら(@mileage_fun)です。

X70で夜景撮影を行ってきました。三脚をセットし、オートモードでバンバン撮ってきました。富士フイルムの実力はいかに!?レポートしたいと思います。

函館山の夜景撮影

富士フイルムX70のオートモード

富士フイルムのカメラはフジカラーと呼ばれる発色がキレイなのが特徴です。APS-Cセンサーを採用していて高感度耐性に優れているのも魅力です。

愛機X70で、夜景をオートモードで撮影してきました。筆者は最近でこそマニュアルモードを使えるようになってきましたが、函館山の撮影に行った2019年9月はまだまだオートモードのお世話になっておりました。

オートモードは写真の知識がなくても簡単に写真が撮れる優れものです。富士フイルムではアドバンストSRオートと呼んでます。センサーが感知して自動的に状況に沿ったモードで撮影されます。

アドバンストSRオート
シーンの自動選択

■シーン
人物、美肌、風景、スポーツ、夜景、夜景(三脚)、花火、夕焼け、スノー、ビーチ、水中、パーティー、花、文字

マイルのまいちゃん
初心者でも使えるオートモードはうれしいね。

函館山へ

2019年9月撮影

函館山の夜景の様子を下のリンクから確認出来ます。ライブカメラでリアルタイムの状況が分かって便利です。

LTまいら
曇っていたり、霧が出ていると夜景を楽しめないので、注意が必要だよ。
マイルのまいちゃん
晴れるといいね!

晴れて欲しかったですが、天気予報は思いっきり曇りでした。手にはX70を持ち、一縷の望みをかけて函館山に向かいます。

ロープウェイの登り場に到着。展望台まで運んでくれます。

撮影開始

夜景は日没後20分間が最もキレイということで、日没より1時間前に頂上に到着しておきました。三脚をいそいそと設置し撮影に備えます。

17:20(撮影スタート、日没1時間前)

思いっきり曇ってます。絶望的な気分になるなか、写真をカメラにおさめます。明るい状況なので、風景シーンが自動選択されました。F8とそこそこ絞られてます。

■28mm F8 1/400秒 ISO400 WBオート

18:20(日没)

少し暗くなってきました。まだまだ曇は多いです。夜景シーンが選択されました。絞りは開放でISO感度を上げて撮る設定のようです。

■28mm F2.8 1/60秒 ISO2500 WBオート

18:30(トワイライト)

トワイライトタイムです。空が青く美しくなりました。暗くなった分、ISO感度がさらに上がっています。

■28mm F2.8 1/34秒 ISO3200 WBオート

18:40(トワイライト終了)

ISO感度が下がり、露出時間が1/8とかなり長くなっています。三脚がないと手ブレする露出時間です。完全オートでも夜景はキレイに撮れています。拡大して見ない限り、ノイズも目立っていないです。

■28mm F2.8 1/8秒 ISO1250 WBオート

一枚だけ完全オートではなく、露出時間優先で撮ってみました。露出時間を5秒もとったので、ISO感度が200と、かなり下がっています。拡大してみると上の写真よりもクリアに撮れています。

■28mm F7.1 5秒 ISO200 WBオート

オートの夜景シーンは2種類あります。

  • 夜景シーン:高感度で手ブレを抑える
  • 夜景シーン(三脚):露出時間を長くし、低感度で美しく撮る

アドセンストSRオートで撮ると、夜景シーンの方が自動選択されるようです。夜景シーン(三脚)の方がISO感度がおさえられてキレイに撮れるので、三脚を持っているときは夜景シーン(三脚)を手動選択するのがおすすめです。

デジタルテレコン

富士フイルムのコンパクトデジカメ、X70、X100FやX100Vには大変便利な画角変更機能があります。画質の劣化を抑えたズーム機能のようなものです。

X70の画角

  • 標準:28mm
  • デジタルテレコン:35mm
  • デジタルテレコン:50mm

LTまいら
単焦点レンズなのに、画角を選べるなんて凄い機能だ!

デジタルテレコン35mmです。

■35mm F2.8 1/26秒 ISO3200 WBオート

LTまいら
X100FやX100Vの画角だよ。

デジタルテレコン50mmです。

■50mm F2.8 1/27秒 ISO3200 WBオート

LTまいら
標準レンズの画角だとこんな風に写るんだね。

ホワイトバランス

先ほどまでの写真はホワイトバランスは全てオートです。ホワイトバランスを変更すると、ガラッと雰囲気が変わります。

■ホワイトバランスを蛍光灯ー昼白灯へ

マイルのまいちゃん
赤やピンクが追加され、華やかになったね。

■ホワイトバランスを蛍光灯ー電球色へ

LTまいら
寒々とした夜景という感じでこれもいいね。

■ホワイトバランスを晴れへ

■ホワイトバランスを日陰へ

LTまいら
雰囲気が変わるので、ホワイトバランスも触れるようになるといいね。
マイルのまいちゃん
なんだか難しそう。
LTまいら
ホワイトバランスはAUTOでもきれいに撮れるので、触るのは慣れてからでいいと思うよ。

結論

完全オートで撮っても、キレイに撮れます。A4の大きさで見るのであれば十分かなと思います。ですが、夜景シーン(手持ち撮影)が自動選択され、それなりに画質が低下しています。

拡大してみてもクリアな写真が良ければ、夜景シーン(三脚)を選択しよう。ISO感度を100や200に固定して撮影するのもいいですね。

ホワイトバランスを変えると雰囲気が変わるので、余裕があったら変更して撮ってみるのもおすすめ。

さいごに

撮影はじめは空の大部分が雲に覆われていて、夜景撮影は絶望的かなと思っていました。時間と共に、なんとか雲が減って撮影出来て良かったです。

X70は340gと小型軽量ながらも、キレイな夜景も撮れます。おすすめのカメラです。

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください