ポルトガル王国の発祥地!?世界遺産ギマランイスへポルトから日帰り旅行

こんにちは。LTまいら(@mileage_fun)です。

ギマランイスというポルトガルの都市に旅行に行ってきました。日本ではなかなか耳にしない都市名かも知れませんが、世界遺産に登録されているポルトガルの歴史ある都市ですので紹介したいと思います。

ギマランイス旅行

ギマランイスとは?

ざっくり言うと、なんとここはポルトガル王国の発祥地なのです。ポルトガル初代国王アフォンソ1世はこの地で生まれました。なので、ポルトガル、特にポルトを訪れたら、ギマランイスもセットで訪れるのをおすすめします。

ギマランイスはポルトガル北部の都市で歴史地区の町が世界遺産に登録されています。ギマランイシュと表記されることもあります。

以下が主な観光地です。
ギマランイス城
ブラガンサ公爵館
アルベルト・サンパイオ美術館
マルティンス・サルメント博物館
ノッサ・セニョーラ・ダ・オリベイラ教会

ギマランイスへの行き方

ポルトガルの都市、ポルトから訪問するのが便利です。ポルトはリスボンに並んで大きな都市です。南はリスボンを拠点に観光地めぐり、北はポルトを拠点に観光地めぐりをするのが便利です。

ポルトからギマランイスまでの交通機関はバスか鉄道があります。乗り換えなし、時間に正確な鉄道が便利です。1人片道3.5ユーロ、80分で行けます。出発駅はサンベント駅、到着駅はギマランイス駅です。ともに街中にある駅なので、便利です。

鉄道の時刻表や価格はCPのホームページから確認出来ます。CPはComboios de Portugalの略で、ポルトガル鉄道のことです。

出発地と目的地に「Porto – Sao Bento」「Guimaraes」を入力してご確認下さい。

旅行記

1時間ちょっと電車に乗るので、予め食料を確保しておきました。こちらはエッグタルト専門店のNATAS D’OUROというお店です。サンベント駅近くのお店です。ノーマルなタルトからチョコレート、レモン、ポートワイン味など様々なタルトがあって面白かったです。

奥がポートワイン味、手前がオリジナル味です。味も様々なんですが、形も細長いエッグタルトもあり新鮮でした。ポルトガルのエッグタルトは一般的には丸い形をしています。

食料を手に入れたので、駅へ向かいます。2人分の往復チケットをゲット。ホームに設置してある機械にタッチして、有効化するのを忘れないようにしなければなりません。

1時間以上乗車して、2人で往復14ユーロ(1700円ぐらい)と激安です。

サンベント駅のホームです。

ギマランイス駅到着。ギマランイス駅は乗り換えなしの終点です。乗りっぱなしでいいので、楽です。

ギマランイス駅の外観です。しっかり覚えて、間違えずにここに戻ってこよう。

駅徒歩10分ほどで市街地に到着です。

ギマランイスでの観光は、街並み散策とお城見学、ブラガンサ公爵館をプランに組みました。

まずは、ギマランイス城を目指して進みます。このような道をしばらく進みます。

あっという間に到着です。初代国王アフォンソ1世の像。

こちらが入り口です。手前に見えている建物(ブラガンサ公爵館)の中央から入っていくとチケット売り場につながっています。

ツアーの時間が決まっていたり、人気で入れないということはないので、チケットは当日購入で大丈夫です。

チケットの種類
・ギマランイス城の塔 2ユーロ
・ブラガンサ公爵館 5ユーロ
・ギマランイス城の塔&ブラガンサ公爵館 6ユーロ

ブラガンサ公爵館

共通チケット6ユーロを購入し、中に入りました。ブラガンサ公爵館の内部です。

内部は公爵家のタペストリーや陶器など飾られていて美術館のようになっています。

こちらは武器室でしょうか?

別のお部屋。こちらのお部屋でも公爵家の調度品が飾られています。

ブラガンサ公爵館内部には教会もあります。

ブラサンガ公爵館を後にし、直ぐとなりにあるギマランイス城へ。こちらは城の手前にあるサンミゲル教会です。

ギマランイス城。写真をよく見ると、塔にのぼるため、結構並んでいるのが分かります。並ばずに塔に登れるので、共通チケット良いですよ。塔に登らない場合は入場無料です。

城の内部はこんな風になっています。城の中央が塔になっていて展示物のある建物です。また、外壁の上を1周歩けるようになっています。中庭には大きな岩があって観光者は登って写真を取っていました。

こちらは城の裏手にあるサント アントニオ修道院。

ギマランイスの町を散策します。

路地裏は可愛いヨーロッパの街並みのようで素敵でした。

お腹がすいたので、ショッピングモール内のフードコートで食事を取ることに。

たった6ユーロでお得に感じました。ヨメちゃんと2人でシェアしていただきました。ボリューム満点かつ安上がりなランチです。

ポルトガル北部はこのように安く沢山食べれるお店が多いと地元の方も言ってました。

ギマランイスのスーパー。ポルトガルと言えば、Pingo Doce (ピンゴドーセ)が有名ですが、こちらはFROIZ (フロイス)というスペインに本社のあるスーパーです。明るい雰囲気の良いスーパーでした。

通りを歩いていると奥の方に教会を発見。緑とその先にある教会が雰囲気を出しています。

ノッサ セニョーラ ダ コンソラサオン教会という教会です。

一通り観光を終えましたので、サンベント駅に戻ります。

ギマランイス駅のホーム。

感想

ポルトから日帰りで行って、のんびりと観光して戻ってこれました。ポルト訪問の際はギマランイスをセットで訪れるのがおすすめです。

町自体は小さいので駅から徒歩で散策可能でした。ポルトガル王国の発祥地ギマランイスは観光におすすめです。

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください