紋別市を観光旅行。流氷展望台や博物館などレンタカーが必須な楽しめる場所!

北海道のオホーツク紋別に旅行に行ってきました。観光するところあるのかな?レンタカーって必要?旅行を計画するにあたっていろいろ調べましたので紹介したいと思います。

紋別市の観光地は流氷船乗り場付近とそれ以外に別れています。流氷船乗り場はオホーツク紋別空港からの無料バスで訪れることが出来て便利です。紋別空港利用で流氷船乗り場付近の観光だけであればレンタカーを借りなくても観光可能です。

ですが、流氷乗り場以外の場所は無料バスと市バスを駆使して行くにはちょっときついかなと思う場所にあります。レンタカーが便利です。

実際にレンタカーを借りて観光してきましたので、レポートしたいと思います。

紋別観光

流氷展望台

流氷展望台というのは紋別市を一望出来る高台の紋別公園という場所にあります。

雪道をレンタカーでかき分け、紋別公園までやってきました。雪、雪、雪ですごかったです。

紋別公園。雪が積もっていて、公園というより雪山になっていました。

展望台です。登ってみます。

展望台からの景色です。紋別市を一望出来ました。雪景色で圧巻です。

帰り道です。吹雪いてきました。北海道は雪がすごいですね。九州出身の私は雪が珍しく、テンションがあがります。

オムサロ原生花園&流氷岬

続いて紋別市の岬までやってきました。

オムサロげんせいはなえん?調べてみました。ウィキペディアによると、原生花園は「げんせいかえん」と呼ぶそうで、人間が手を加えていない自然のままの花畑のことです。夏になると色鮮やかに花が咲くようです。

夏の原生花園、見にやってきたいです。

こちらは氷のかまくらでしょうか?

丸太のテーブルとイス。雪で埋まってしまっています。

続いて流氷岬。流氷岬という名前が付いているので、運が良いとここから流氷が見れるのかもしれません。

曇っていましたが、浜辺が美しかったです。

オムサロ遺跡公園というのが、直ぐ近くにあるらしいのでついでによってみようとレンタカーを走らせました。

スタッドレスってすごいのですね。初めて雪道を走りましたが、こんな雪道を普通に走れます。

行き過ぎたようで戻ってみるとオムサロ遺跡公園入り口の看板がありました。ですが、看板の矢印の方に行く道が雪で埋まっていて行くことが出来ません。雪解けを待って、訪れる必要がありそうです。

紋別市立博物館

レンタカーを走らせ次にやってきたのが、こちらの博物館です。無料開放しています。

入ってみました。廊下のようすです。

2月に訪れましたが、ひな祭りの準備がしてあります。

博物館の展示場に入りました。なんだか雰囲気がありますね。かつて漁業に使っていた道具が展示されています。

「旧高野番屋(たかのばんや)」
番屋とは漁場近くの作業場兼宿泊施設のことらしいです。紋別は漁業が盛んで、当時の番屋を再現しています。

昭和の生活道具の展示もありました。

紋別市って金鉱の町だったのですね。鴻之舞鉱山(こうのまいこうざん)など訪れるまで知りませんでした。いい勉強になりました。

流氷画家、村瀬さんという方の特別展が行われていました。

流氷が独特のタッチで描かれていました。

そのほか、博物館内には標本などもあります。

紋別市指定文化財 紋別流氷岩

昔の英文タイプというものだと思います。

レトロな感じですが、これは何でしょうか?

こちらは農耕具ですね。

以上のように、紋別博物館はとっても見ごたえがありました。

イオン紋別店

先ほどの紋別博物館の直ぐ近くにあります。イオンにやってきました。紋別市に唯一ある大型スーパーだと思います。

お土産を購入するため発見したのが、こちら「高砂屋菓子舗」です。

「紋太くんのちーずさぶれ」というのがありました。お土産によさそうです。紋太くんは紋別市のマスコットキャラクターです。

今回購入したのはこちら「渚滑川羊羹(しょこつがわようかん)」です。紋別銘菓とのことです。

かまぼこ出塚

こちらはドライブ中に偶然発見したかまぼこ屋さんです。中でかまぼこを見ていると大型バスが次々やってきて人であふれかえっていました。

流氷原かまぼこ

かまぼこの試食も出来ます。

お土産コーナー

揚げたてのかまぼこがいただけると言うことで一つ頂くことにしました。注文をすると、目の前で揚げてくれます。

ホタテの形をしたかまぼこです。揚げたてアツアツでおいしかったです。

2階からの景色

セブンイレブン紋別店

最後に紋別のセブンイレブンで締めたいと思います(^^;)

旅行先では、コンビニもご当地ものがあって楽しいです。「甘納豆の赤飯」という北海道限定のおにぎりは美味しくて気に入っています。「道東限定!釧路醤油ラーメン」もおいしかったです。

感想

紋別観光の中心地はガリンゴ号乗り場周辺ですが、レンタカーでこうやって展望台や岬を訪れるのも面白いと思います。

2月のレンタカーだったので、雪道がかなり不安だったのですが、法定速度を守って安全に運転することで雪道でも大丈夫でした。問題なく帰ってこれてよかったです。

紋別博物館が以外に面白かったので、無料でおすすめのスポットです。

夏など別の季節に訪れると、展望台も岬も景色が変わるので紋別市はまた訪れてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください