東京の一幸庵へ。情熱大陸の水上力さんの和菓子は芸術的でした。

一幸庵(いっこうあん)

1977年創業のお店です。店主の水上力(みずかみちから)さんは和菓子職人として唯一、情熱大陸に出ている方でもあります。和菓子を世界に発信し続けている姿を素晴らしく思います。

外のショーケースです。内部は撮影禁止なので、外側をちょっと映してみました。

上生菓子を5つほどいただきました。このような箱に詰めてもらえます。

上段左端から寒天、練りきり、薄皮、こなし、ういろうだったかな?

わらび餅がなかったことだけが残念です。

こなしです。甘すぎず、見かけも繊細でとてもおいしいと思いました。

練りきりです。先ほどのこなしに似ていますが、こなしの方が小麦粉感を感じました。練りきりの方が餡という感じです。こちらもおいしいです。

薄皮です。薄皮も中の小豆が上品な甘さでとてもおいしいです。

ういろうです。

寒天です。お酒が効いていておいしいです。

一幸案詳細

【地図】最寄駅、茗荷谷駅(みょうがだにえき)から徒歩数分でした。

【住所】東京都文京区小石川5丁目3−15
【電話】03-5684-6591
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜、月曜、祝日

感想

私にとって1番のお気に入りの和菓子屋さんである、川口屋(名古屋市)で修行を積んだという方が作っている和菓子だったので、是非食べたいと思っていました。今回訪れることが出来て、本当に嬉しいです。

ここの上生菓子は見かけからして、とても繊細です。見かけの美しさにほれぼれします。味もとてもおいしいです。東京に住んでいたらきっとリピートすると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください