ミュンヘンに行ったら本場の白ウインナーを食べよう。本格レストラン&お手軽フードコートのご紹介。

LTまいら
ミュンヘンの白ウインナー食べてきた!
マイルのまいちゃん
白ウインナー?
LTまいら
茹でた白いウインナーで、もちもちしていて美味しいんだ。
マイルのまいちゃん
それ、食べてみたい。

こんにちは。LTまいら(@mileage_fun)です。

良くあるウインナーって焼いて食べますよね。白ウインナーは茹でて食べ、基本的には午前中に食べる習慣のあるウインナーです。現地ではWeisswurst(ヴァイスヴルスト)と呼ばれています。

皮をはいで、甘いマスタードをつけて食べます。これが、とっても美味しいのです。実際にミュンヘンで白ウインナーを食べてきましたので、レポートしたいと思います。

白ウインナー (ヴァイスヴルスト)

ホフブロイハウスのウインナー

こちらはミュンヘンで1番有名なビアホールです。中央では生演奏が行われていたり、みんなわいわいと活気づいたビアホールです。こちらで白ウインナーを提供していると聞きつけ、やってきました。

入口付近のようす。ライブがちょうど手前のところで行われます。

ビールと白ウインナー、ホームメイドウインナーを注文しました。待ちに待った白ウィンナー。人生初です。

こちらが白ウインナーです。カップから取り出し、ナイフで薄い皮をはいで食べます。甘いマスタードと良く合っていました。

LTまいら
ここでもう一度白ウインナーのおさらいだよ。
白ウインナーとは?
ミュンヘンなどバイエルン州で、伝統的に午前中に食べているウインナーです。上の写真のように2本セットで器に入って提供されます。茹でウインナーで皮をはいで食べます。甘いマスタードをつけて食べるのも特徴的です。

こちらは焼きウインナーです。中央にあるのはザワークラウトです。キャベツの漬物で酸っぱいです。

ドイツではこのようにザワークラウトが付け合わせてとして出てくることが多いです。もしくはモリモリのマッシュポテトですね。

白ウィンナーは伝統的には午前に食べる食べ物です。なので、レストランによっては午前中しか提供していません。ホフブロイハウスには午後15時ぐらいに訪れましたが、白ウィンナーの提供がありました。よかったです。

マイルのまいちゃん
午後でも食べれて良かったね!
■お会計19.7ユーロ (2500円)
・Zwei Weißwürste (白ウインナー) 5.9ユーロ
・Schweiswürst (豚肉ソーセージ) 8.9ユーロ
・ノンアルコールビール 4.9ユーロ
ホフブロイハウスの詳細

【住所】Platzl 9, 80331 München, ドイツ
【電話】+49 89 290136100
【営業時間】9:30~23:30

ミュンヘン中央駅でお手軽に白ウィンナー

先ほどはレストランでの食事で、こちらはRubenbauer Genussweltenというミュンヘン中央駅フードコートでの食事です。地元の食事をとることが出来ます。ここで、白ウインナーを発見しました。美味しいのか疑問になったので、食べてみました。

一見は鶏肉の丸焼きのお店です。

ですが、よく見ると白ウインナーがあるのです。

マイルのまいちゃん
良く見つけたね。

注文しました。美味しそうです。実際に美味しかったです。駅中で食べれるお手軽白ウインナーとしてありですね。

チキンの丸焼きも気になったので、食べてみました。こちらも美味しかったです。

フードコートはお気軽に食べれて、レストランはちょっとと言う方にもおすすめです。

■お会計9.3ユーロ (1200円)
・白ウインナー 4.2ユーロ
・プレッツェル 0.8ユーロ
・ハーフチキン 4.3ユーロ
■Rubenbauer Genusswelten (ミュンヘン中央駅)

感想

ドイツでは各地域でオリジナルのウインナーが食べれます。ウインナーを食べ歩くのは非常に面白いです。ミュンヘンと言えば、白ウインナーです。今回、食べれて良かったです。とっても美味しいので、ミュンヘンに寄られる際は、食べてみてください。

ミュンヘンに一瞬立ち寄るだけとしても、ミュンヘン中央駅のフードコートで食べれますので、ぜひぜひ白ウインナーを楽しんで下さい。ではでは。

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください