『ドナーケバブ』ドイツの大人気ファーストフードをベルリンとミュンヘンで食べ比べ。

LTまいら
ドイツに行ったら、ドナーケバブ!
マイルのまいちゃん
ドナー?ケバブ?
LTまいら
トルコ料理のドネルケバブ(döner kebabı)が転じて、ドイツではドナーケバブと呼ばれてる人気の食べ物があるんだよ。

こんにちは。LTまいら(@mileage_fun)です。

ドイツの国民食、ソールフードをご存じですか?ドネル(回転)、ケバブ(ローストしたお肉)というトルコ語から来ているこの食べ物はハンバーガーよりもドイツ国民には愛されている食べ物なのかも知れません。

ミュンヘンとベルリンでドナーケバブを食べ比べてきましたので、レポートしたいと思います。

ドナーケバブの食べ比べ

ミュンヘンのケバブ

インビス(imbiss)で購入しました。インビスとは屋台販売みたいなものです。このようなお店をドイツの都市部において、至るところで見かけることが出来ます。

上の写真は店員さんがお肉を削っているところです。電動スライサーを用いて、削ってました。パンを焼いて、削ったお肉をたっぷりと入れてくれます。

次に野菜のどれを入れるか聞かれます。「全部(^-^)」と応えると全部入れてくれます。最後に「ソースは?」と聞かれましたので、「お願いします。」と答えました。Subwayでのサンドイッチ購入に似てますね。

LTまいら
野菜は全部入れで(*゚▽゚)ノ

上から見るとこんな感じです。良くあるパンを閉じるタイプです。4.0ユーロでした。

これでもかと野菜とお肉が入っていて、ボリューミーでとっても美味しいです。我が家の場合、夫婦で1つを分け合って食べてちょうど良い量でした。とにかくボリューミーです。

マイルのまいちゃん
美味しそ〜。
LTまいら
美味しいよ。その上ボリュームもあって、大満足。なんと4ユーロ(500円)なんだよ(^-^)

ベルリンのケバブ

ベルリンではショッピングモール内でのインビスでケバブをいただきました。ドイツ都市部では道路上にインビス、ショッピングモールでもインビス、たくさんのインビスがあります。

電動スライサーでお肉を削るところです。ミュンヘンでもボリューミーでしたが、こちらはさらに豪快にお肉を削ってます。

お肉を入れてくれた後は、野菜やソースです。全部入れてもらいました。

半分オープンな形の特徴的なケバブです。ベルリンのケバブはお洒落ですね。
パンもおいしく、中身もかなりボリュームがあります。ミュンヘンも良かったのですが、ベルリンのケバブも美味しいです。4.9ユーロ(620円)でした。

マイルのまいちゃん
ミュンヘンのドナーケバブとは形が全然違うね。
LTまいら
形が違うね。オープンな分、野菜やお肉がたっぷり入れれるのでボリューム満点です。パンも大きいです。お野菜の鮮度もよかった。ベルリン侮りがたし。

感想

ドイツのファーストフードと言えば、ソーセージが有名ですが、ドナーケバブも外せないと思います。実際とっても美味しかったです。ボリューム満点で、満足度もあっておすすめです。

ミュンヘンでは、宿泊したホテル近くのインビスでドナーケバブをいただきました。美味しくてミュンヘン滞在中は何度も通いました。

その後、ミュンヘンからベルリンに移動してきました。ベルリンでもドナーケバブを楽しみにしていて、実際食べてみると、ミュンヘンよりさらに美味しいと感じました。当たりのお店だったようです。

ベルリンでは半分オープンな形のドナーケバブを提供してくれるお店がおすすめです。半分オープンな分、沢山のお肉と野菜を詰めて提供してくれるからです。

以上、LTまいら(@mileage_fun)でした。マイル(mileage)は貯めるのも使うのも楽しい(fun)ですよ。Let’s have fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください