国際免許が切れていて海外レンタカーを借りれなかった話

国外運転免許証

海外でレンタカーを借りる際は、日本の運転免許しか持っていない場合、国際免許を取得する必要があります。

今回は出国直前になって国際免許が無効になっていることに気づいたというお話です。

国外運転免許証の申請方法

まず、申請方法ですが、以下の5つを持って免許センターに行くだけです。非常に簡単に発行出来ます。30分ぐらいで発行完了出来ます。

①日本の運転免許証
②パスポート
③手数料2400円
④縦5cm×横4cmの写真
⑤認印

④の写真は持っていない場合は、免許センターにセルフの証明写真用機があります。⑤は忘れて行きましたが、特に何も言われませんでした。

免許についての詳しい説明はこちらを参照お願いします。参照先は愛知県警察の場合の例となっております。

国外運転免許の有効期限

国際免許を取得してから1年間です。ただし、日本の免許の有効期限が切れたら、国際免許も無効となります。

ここに引っかかってしまいました。前回、国際免許を取得してから1年まだ経っていないので油断していました。実は国際免許取得後に国内免許の更新を行っていたのです。よってせっかく取得した国際免許は無効です(>_<)。新たに国際免許を取得する必要がありました。

海外レンタカー

今回の旅行はクロアチアです。途中フヴァール島という島に寄ります。ここでレンタルバイクを借りたかったのです。世界遺産スタリーグラード平原をレンタルバイクで駆け抜けたかった(T_T)

気づいたのが出国前日なので、国際免許は取得出来ません(>_<)。スタリーグラードは時間の問題上あきらめるかも知れないです(T^T)

感想

国際免許を取得するのは簡単です。ですが、国内免許の有効期限に気をつける必要があると今回改めて思いました。国内免許は更新したので次に気をつけるのは5年後です。そのときまで、覚えてるかな(@_@)?

楽しみにしている海外旅行の計画が無駄になってしまわないためにも、次は気をつけたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください